株価予想

6769 ザインエレクトロニクス

2024年7月19日 株価
始値
1,720
高値
1,759
安値
1,650
終値
1,675
出来高
570,200
6769ザインエレクトロニクスのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
2,000
予想安値
1,400

6769 ザインエレクトロニクスの投資戦略

6769 ザインエレクトロニクスの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6769 ザインエレクトロニクスの関連ニュース

  • 2024/07/16 15:56
    【上方修正】中間期経常利益▲2.72億円→1.56億円
    ザインエレクトロニクスは、中間期経常利益を▲2.72億円→1.56億円に上方修正した。LSI事業で中国市場を中心とした海外市場の需要回復や円安による為替差益計上などが寄与した。
  • 2024/06/25 09:11
    【注目銘柄】データセンター市場向け次世代PCI Express光半導体を開発
    ザインエレクトロニクスは、データセンター市場向け次世代PCI Express光半導体を開発し、市場に参入する。この新しい光半導体は、従来の方式に比べて消費電力と遅延を大幅に削減することに成功しており、データセンターにおけるAI処理速度の向上と電力効率の改善に寄与することが期待されている。

    近年、データセンターではAIやビッグデータ分析の普及に伴い、従来の銅線ケーブルでは限界を迎える高速データ伝送のニーズが急増している。この課題を解決するために、光ファイバーを使用した光伝送技術が注目されているが、従来の光伝送方式では外部変調レーザーやデジタル信号処理装置(DSP)の使用により、消費電力や遅延が大きな問題となっていた。

    ザインエレクトロニクスが開発した光半導体チップセットは、垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL)ドライバー方式を採用し、光通信モジュール内だけでなくエンドポイントのASICからもDSPを完全に排除することに成功した。この革新的な技術により、消費電力を従来方式と比べて50%以上削減し、遅延時間を約90%削減することが可能となった。これにより、データセンター全体のAI処理速度が向上し、電力効率も大幅に改善されることが期待されている。

    ザインエレクトロニクスは、第1弾としてPCI Express 6.0に対応したマルチモードアクティブ光ケーブル(AOC)ソリューションを開発し、さらに第2弾としてPCI Express 7.0に対応したソリューションを市場に投入する予定である。
  • 2024/06/17 09:43
    次世代PCI Express向け低消費電力・低遅延の光半導体事業に参入
    ザインエレクトロニクスは、2024年6月17日、データセンター等での利用が見込まれる光半導体による高速情報伝送ソリューションを提供すると発表した。

    今回の光半導体チップセットは、ザインエレクトロニクスのアナログ技術を一層進化させることによって実現されるVCSELに対応したDSP不要の超高速チップセットソリューション。他の方式に比べて、50%以上の抜本的な消費電力削減を可能とし、遅延時間も90%程度削減が見込まれ、データセンター内におけるデータ伝送時の電力削減とAI処理速度向上が期待されるとしている。

    データセンター等の高速情報伝送における低消費電力化と低遅延化に貢献する。
  • 2024/03/18 16:16
    【注目銘柄】AIサーバーを始めとするデータサーバー事業を開始 中国HQ社と合弁会社ザイン・ハイパーデーターを設立
  • 2024/02/02 17:18
    【自社株買い】発行済み株式総数1.4%(15万株) 1.8億円 2月5日~3月31日

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 49.91 RCI 9日 6.67
13日 -17.58
ボリンジャーバンド +2σ 1882.62
-2σ 512.7
ストキャススロー S%D 77.31
%D 55.3
ストキャスファースト %K 12.86
%D 55.3
ボリュームレシオ 14日 70.18
移動平均乖離率 25日 13.17 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (7月20日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方