株テーマ:ロボット(産業用) 災害対応ロボットの関連銘柄

菊池製作所は、大型建設機械が入れないような複雑な地形や狭い災害現場で活躍できる小型の無人作業ロボットで、遠隔操作できる4つの腕と6つのクローラの協調制御により多様な処理作業するロボットを開発する。また、災害時に、歩行に困難を持つ人や高齢者が歩行補助されることで、自力で迅速に避難することを可能にする移動支援ロボット及び避難者の生活を見守り、支援者とつなぐロボットを開発する。CYBERDYNEも福島県が公募した「災害対応ロボット産業集積支援事業」に、ロボットスーツHALマスタに関する研究開発が採択された。

NEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)によると、今後のロボットの普及を加味したロボットの将来市場予測は、2015年1.6兆円、2020年2.9兆円、2025年5.3兆円、2035年9.7兆円とされている。製造業を始めとした現在市場が形成されている分野の成長に加え、医療ロボットや、福祉・介護ロボットなど、サービス分野を始めとした新たな分野へのロボットの普及に弾みがつく。 2015年度に予定されている介護保険制度の見直しで、介護保険が適用される介護ロボットが増加すれば、市場拡大の追い風になりそうだ。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

災害対応ロボット 関連銘柄

災害対応ロボット 関連テーマ

ロボット(産業用)
災害対応ロボット 産業用ロボット 食品ロボット 精密減速機 トンネル維持管理ロボット 物流支援ロボット ロボット開発支援 ロボット芝刈り機

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方