株テーマ:TPP バターの関連銘柄

TPPで乳製品も関税維持の有力候補。バターの関税率は360%、酪農農家は2万戸、生産額は6600億円。「バター」とは、専らミルクから得た天然のバター、ホエイバター及び還元バター(生鮮のもの及び加塩し又はランシッドしたものに限るものとし、缶詰バターを含む。)TPPの発効に伴い、バターや脱脂粉乳はTPP枠を設けて6万トンを輸入する。国内酪農業の苦境が予想され、政府は2015年度補正予算でTPP国内対策として、610億円の畜産の競争力強化に向けた基金を創設する。マーガリンへの切り替えでミヨシ油脂などは恩恵がある。

TPP(環太平洋経済連携協定)で、関税の維持を目指す「聖域」。TPPは原則100%関税撤廃が原則だが、参加国は関税を撤廃したくない分野を持つ。日本も米や砂糖を最重要分野と位置づけて、保護主義を貫く。同時に農業成長戦略も描く。コメの関税は402円/kg、小麦は65円/kg

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

バター 関連銘柄

バター 関連テーマ

TPP
米(コメ) 砂糖 脱脂粉乳 バター

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方