株テーマ:水素社会:グリーン水素早期実現への関連銘柄

政府は、2017年12月に水素の基本戦略を決定した。2050年を目標に水素価格を5分の1に下げ、ガソリンや液化天然ガス(LNG)などと同程度のコストにすることを目指す。また、水素利用量を2030年に1000万トン規模にする方針。2017年時点では30万トンで、1000万トンは原子力発電所を1年間30基以上稼働できる水準。

富士経済によると、水素関連の国内市場は2021年の183億円から2030年は4兆7013億円に拡大する見通し。アンモニア発電や水素ガスタービン発電の本格化で水素燃料が3兆4914億円、FCV向けが455億円、車両用燃料電池スタックが455億円になるとした。今後は、これまでの水素関連機器が中心の設備ビジネスから、水素燃料が中心の燃料ビジネスにシフトする。

現在市場で流通する水素の大半は化石燃料由来のグレー水素で、1キログラムあたり1ドルと安価だが製造過程でCO2を排出する。再生可能エネルギー由来のグリーン水素は、CO2を排出しないがコストは5ドル程度と高い。グレー水素の製造過程で出るCO2を回収するブルー水素のコストは2ドル以下で、当面はブルー水素が主流になるとみられる。また、欧米などでは原子力発電の電力で製造する水素であるイエロー水素(又はピンク水素)の実用化に向けた動きがあり、コストは2.5ドル程度とみられる。

経済産業省が、水素やアンモニアの普及に向け新法制定を検討していると報じられた。生産や供給を担う企業を支援し利用拡大を促す。2023年度の国会への法案提出を目指すとしている。

水素社会:グリーン水素早期実現へ 関連テーマ

水素社会:グリーン水素早期実現へ
水素注目株 液化水素プラント グリーン水素 水素吸蔵合金 水素供給・利用技術研究組合 水素航空機 水素サプライチェーン 水素ステーション:2030年にFCV用1000基設置へ 水素製造装置 水素タンク 水素トラック 水素発電 燃料電池車(FCV) MIRAI(ミライ)

株式情報更新 (2月5日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方