株テーマ:マイクロンの関連銘柄

高速DRAM「HBM」をめぐり、マイクロンテクノロジー)が先行する韓国SKハイニックスと韓国サムスン電子を猛追している。HBMの次世代品「HBM3E」型の量産を始めたと2024年2月26日に発表した。エヌビディアの最新GPU「H200 Tensor Core GPU」への採用が決まり、GPUは2024年4~6月に供給が始まる。


マイクロンは広島を含め、日本に5000億円程度を投資する計画を公表している。

経産省はマイクロンの広島工場に最大およそ465億円の補助を決めていたが、最大1920億円を補助するた。マイクロンは25年から極端紫外線(EUV)の露光装置を導入して最先端のメモリーを生産する予定。


マイクロンテクノロジーは、今後20年以上をかけてニューヨーク州で大型工場を建設するために、最大で1,000億ドルの投資を行うと発表。その第1段階として、2020年代末までに200億ドルを投資するとしている。

向こう10年をかけて先端DRAMメモリ生産量全体に占める米国産の割合を40%まで引き上げる戦略。2024年から建設に着手し、2020年代後半から稼働する予定だ。

ジャパンマテリアルは、特殊ガスや超純水、薬液などの管理業務サービスを実施し、取引先の8割強が国内工場で、最大顧客であるキオクシア(旧東芝メモリ)をはじめTSMC熊本、マイクロン広島、ソニーなどへ供給している。

マイクロン 関連銘柄

マイクロン 関連テーマ

半導体新工場・設備投資
インテル SKハイニックス キオクシア クリーンルーム サムスン TSMC PSMC マイクロン

株式情報更新 (6月19日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方