株テーマ:放射性医薬品(セラノスティクス)の関連銘柄

放射性医薬品関連株。放射性医薬品は、患者の体内に入った放射線医薬品から出る放射線を検出することで、体の外から病気の場所や機能の状態を調べることができる。がんを見つける診断薬とがんを攻撃する治療薬とがある。放射線は高感度に検出できることや一定時間の後は体の外に排出されることなどから安全に検査できる。

アステラス製薬は、大腸がんや肺がん、乳がんなど向けに放射性医薬品の候補物質を開発。診断薬と治療薬でそれぞれ実用化を進める。

富士フイルム富山化学は、がんの診断薬・治療薬の候補物質「FF-10158」で悪性神経膠腫を対象とした国内臨床試験の開始に向けて準備。2018年12月には「FF-10158」でノバルティスグループのAAAと海外における開発・販売でライセンス契約を締結した。また、2020年8月には2015年にAAAと「Lutathera」の国内開発・販売でライセンス契約を締結し臨床開発を進めてきた放射性医薬品「F-1515」で膵臓、消化管、肺の神経内分泌腫瘍の治療薬として厚労省に製造販売承認を申請した。

ペプチドリームは、ペプチド放射性薬品開発で2018年に日本メジフィジックス、2019年にノバルティス、2020年10月に米レイゼバイオと共同研究開発契約を締結している。

放射性医薬品(セラノスティクス) 関連銘柄

放射性医薬品(セラノスティクス) 関連テーマ

先端医療・新薬
特殊ペプチド 薬品研究開発業務受託機関(CRO) アルツハイマー検査 遺伝子治療 潰瘍性大腸炎 核酸医薬品 がん中性子療法 がん免疫療法 抗体薬物複合体(ADC) 先駆け審査指定制度 CDMO スイッチ薬 脊髄損傷 創薬ベンチャー 認知症(アルツハイマー) 脳梗塞 脳腫瘍 パーキンソン病 がん光免疫療法 肥満症薬 ペプチスター 放射性医薬品(セラノスティクス) マイクロニードルアレイ

株式情報更新 (5月30日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方