株価予想

4503 アステラス製薬

2024年4月12日 株価
始値
1,576
高値
1,585
安値
1,569
終値
1,571
出来高
7,614,200
4503アステラス製薬のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
1,600
予想安値
1,500

4503 アステラス製薬の投資戦略

4503 アステラス製薬の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4503 アステラス製薬のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4503 アステラス製薬の関連ニュース

  • 2024/02/05 17:38
    【決算】通期コア営業利益1990億円→1640億円
  • 2023/11/21 08:45
    米バイオ企業買収でがん治療薬開発を加速
    アステラス製薬は米バイオ医薬品企業プロペラ・セラピューティクスを買収する契約を締結した。買収額は1億7500万ドル(約260億円)で、2024年3月期中に買収を完了する予定。プロペラ社は、前立腺がん治療薬「PRL-02」を開発中。PRL-02は、従来の治療薬よりも有効性や安全性が改善する可能性があると期待されている。

    アステラスは、PRL-02の開発を加速し、前立腺がん患者に新たな治療選択肢を提供することを目指す。また、プロペラ社の技術やノウハウを活用して、他のがん治療薬の開発にも取り組んでいく。

    アステラスは「PRL-02は、前立腺がんの治療に画期的な変化をもたらす可能性がある」と期待している。アステラスは、すでに前立腺がん治療薬「ザイティガ」や、乳がん治療薬「エンハーツ」などを発売している。PRL-02の開発が成功すれば、アステラスのがん領域におけるポートフォリオがさらに充実することになる。
  • 2023/11/01 17:27
    通期コア営業利益2900億円→1990億円 
  • 2023/09/19 10:37
    アイルランドに無菌製剤の製造ラインを備えた工場を新設
    アステラス製薬は、アイルランドに無菌製剤の製造ラインを備えた工場を新設する。2024年に建設を開始し、2028年までに操業開始予定で、総工費は約3.3億ユーロ(約520億円)を見込む。アステラス製薬の無菌製剤の製造能力を強化し、グローバルでより安定した生産・供給体制を構築、革新的な抗体医薬品と開発プログラムの開発・商業化を加速させる。

    アステラス製薬の無菌製剤事業は、抗体医薬品やワクチンなどの無菌性の高い医薬品の製造を担っている。無菌製剤事業を、成長戦略の柱と位置付けており、グローバルな生産・供給体制の強化を図っている。国内では、生産子会社のアステラス ファーマ テックが無菌製剤製造ラインを新設し、製造能力を高めている。
  • 2023/08/14 10:37
    細胞医療製品を双腕ロボットで量産
    アステラス製薬は、製造技術検証用の双腕ロボット「Maholo(まほろ)」を公開し、2026年ごろにMaholoで製造した治験薬の供給を目指す。細胞医療製品は、患者自身の細胞を用いる自家細胞製品と他家細胞製品があるが、アステラス製薬は、オーダーメイド品として高コストになりがちな自家細胞製品ではなく、大量生産によってコスト削減が可能になる他家細胞製品の開発に注力している。Maholoは安川電機グループのロボティック・バイオロジー・インスティテュートが開発した。

    一般的な他家細胞の細胞医療製品は、iPS細胞やES細胞などの出発細胞を増殖させ、治療に適した細胞を選別するという工程を経る。職人技を持つ作業員が必要であり、さらに製造期間も数週間~数カ月と長期にわたる。Maholoの運用事例では、一般的な作業者では50%程度でしか成功できない精緻さが求められるプロトコルについて、80~90%の確率で安定して成功させられるという。細胞医療製品の開発期間を最大で数カ月短縮することも可能で、この場合1製品当たり約40億円の利益を生み出す。
  • 2023/08/07 10:24
    眼疾治療薬「アイザーヴェイ」が、米食品医薬品局から承認
    アステラス製薬の眼疾治療薬「アイザーヴェイ」が、米食品医薬品局(FDA)から承認された。アイザーヴェイは7月に子会社化した米アイベリック・バイオ社が開発した核酸医薬品で、遺伝子操作されたT細胞を眼の網膜に注入して、加齢に伴って発症する目の病気の加齢黄斑変性で、進行を遅らせ、視力を改善したりする効果が期待されている。ピーク時売上高は年間10億ドルを超える大型薬として期待されている。

    アステラスの主力薬である前立腺がん薬「イクスタンジ」は2023年3月期の売上高が約6600億円と、売上高の4割強を占めるが、27年ごろから特許切れを迎えるため、収益が激減するリスクがある。アイザーヴェイを早期に発売して、収益の柱とする。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 16.35 RCI 9日 -97.08
13日 -94.09
ボリンジャーバンド +2σ 1721.89
-2σ 1563.27
ストキャススロー S%D 28.79
%D 4.78
ストキャスファースト %K 0
%D 4.78
ボリュームレシオ 14日 42.51
移動平均乖離率 25日 -3.05 サイコロジカル 12日 25

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月13日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方