株テーマ:予防医療の関連銘柄

糖尿病など生活習慣病の予防医療。2022年度から団塊の世代が後期高齢者の75歳以上になり始め、社会保障費の急増が見込まれる。インターネットとつながる家電などから集めたデータを分析し、運動指導や認知症予防に役立てる動きなどがある。生活習慣病などの問題がある予備軍や高齢者を対象に予防医療の展開を目指す。

国も予防医療への取り組みを強化する。2020年度から予算枠を1000億円から1500億円に拡大し、予防医療への取り組み実施率が高い自治体に交付金を増やし、低い自治体は減らす方針。企業と連携した新たな指標も作ることから、予防医療への取り組みが活発化することが見込まれる。

東芝は国内グループ従業員の希望者を対象に、ゲノムデータや健康診断結果などを含む数万人規模のデータベースを構築。NTTは個人のゲノムと健康診断情報をAIで解析し、糖尿病など生活習慣病の予防に役立てる予防医療事業に2020年にも参入。デジタルガレージとWELBYは予防医療や健康ポイントなどのサービス提供を見据え、ブロックチェーンとAIを基盤としたプラットフォーム構築を計画する。豊田通商はパーソナルデータで予防医療を推進するため、M-aidと資本業務提携。スギ薬局と次世代予防医療サービスモデル構築で業務提携。NECは1~3年後の検診数値を予測するサービスを始めた

予防医療 関連銘柄

予防医療 関連テーマ

医療テック
遠隔医療 医療ビッグデータ AI医療画像診断 AI創薬 AI医療機器 オンライン診療 デジタル治療アプリ 電子カルテ 電子処方箋 PHR(パーソナルヘルスレコード) 予防医療

株式情報更新 (10月20日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方