株テーマ:情報銀行の関連銘柄

情報銀行は、企業や公共機関が個別に保有している個人情報を一括管理し、本人の同意を得た上で企業側に個人に関する情報やビッグデータを提供して手数料を得る。情報提供者は、自身が持つ交流サイトのプロフィール情報や健康データ、購入履歴、位置情報などから情報提供しても良い内容を選ぶ。企業側は、個人の関心や嗜好にあった商品・サービスを提供することにつなげられる。

政府は業界団体の日本IT団体連盟が一定の条件を満たす情報銀行を認定する制度作りに取り組んでいる。また、スマートメーターから集めた家庭での電力使用時間や消費量などのデータを情報銀行で扱うことを条件に企業や自治体への提供が認められる見通し。適切な配送ルートの設定やピーク時に合わせた人員配置、災害対策などへの活用が期待される。

三菱UFJ信託銀行は2019年から個人データ銀行を始める方針。実証実験では企業の健康診断データの管理や資産を記録するアプリ会社などとデータ提供契約を締結。個人の同意を経てデータ提供を受ける。

大日本印刷とJTBは旅行者向け情報銀行サービス「oide」を実証実験。旅行者の年齢や性別などのデータをシステムに登録。サービス業などの事業者がデータを容易に活用できるようにする。

スカパーJSATは視聴者の視聴履歴などの提供に同意した顧客の視聴料を割り引く。情報を外部に提供する対価として支払い。顧客は情報提供に同意すれば、案件ごとに使用料が割り引かれる。

中部電力は2020年3月から愛知県豊田市で情報銀行の実証実験を開始する。個人は年齢や性別、行動履歴などの個人データを中部電力に預け、中部電力はデータを匿名加工して事業者に渡す。個人データ提供者に小売店で使えるポイントや公共施設のイベントを告知したりする。

情報銀行 関連銘柄

情報銀行 関連テーマ

ビッグデータ
ビッグデータ SNS分析調査 情報銀行 PHR(パーソナルヘルスレコード)

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方