注目銘柄

    決算 10/15 16:04
    (6182) ロゼッタ 中間期営業利益は28.1%減 軸足をMT事業からGU事業へ転換
    ロゼッタの2021年2月期第2四半期(3-8月)の営業利益は28.1%減の2.22億円となった。

    通期業績予想はAI自動翻訳サービス「T-400」などのMT事業の売上成長が落ち着くまでは開示しないこととしていたが、目安である前年比1.5売を下回ったことから、営業利益を0.4%増の4.5億円とした。新型コロナウイルスによる影響で海外に関連が深い顧客企業の業績低下や経済の本格的な回復時期の予測が不可能であることから、現状の延長線上を前提としている。

    また、経営の軸足をMT事業からGU(グローバルユビキタス)事業に転換するとしている。VR海外旅行VRオフィス、バーチャルビジネスイベントなどを推進する。

    VR海外旅行事業の開始後、勝負の時が来たと判断した場合は先行投資を集中投下することから、増加費用分だけは利益が減額になる可能性を留保するとしている。

    ロゼッタの株価は90円安の3340円で推移している。

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方