株式情報。日経平均、東証株式市況、株式テクニカル分析で、株式投資を強力サポート。

アセットアライブ株式情報 asset alive market information

株テーマ:原発 中間貯蔵施設の関連銘柄

福島第一原発事故に伴う汚染土壌の中間貯蔵施設がようやく稼働する。福島県の大熊、双葉町に建設される中間貯蔵施設には県内各地の仮置き場から大量の汚染土壌が運び込まれ、ゼネコンの技術力が問われる。鹿島は日本通運と共同で、汚染土壌運搬用の荷役機器や専用コンテナを開発。大林組は汚染土壌の放射能濃度を運搬車両に積載した状態で高精度に測定する「放射能測定ゲート」を開発。清水建設は中間貯蔵施設の受け入れ用に、フレコンを非接触で切り開くウオータージェット破袋システムを開発。大成建設はフレコンから取り出した汚染土壌の放射能濃度をベルトコンベヤー上で連続測定し自動分別する装置を開発した。

原発関連銘柄。原子炉の構成要素は「炉心」(核燃料、制御棒、冷却材、 減速材、 原子炉圧力容器、 反射材)と、「保安装置」(原子炉格納容器、非常用炉心冷却装置)が重要。世界的なエネルギー政策の見直しで、原子力発電が見直されている。欧米で原発建設の凍結解除が進展するほか、新興国の需要も発生。東芝はウェスチングハウスを傘下に収め、日立はGEと連合。三菱重工は仏アレバと親密で、受注を競っている。国内では原発の保守点検や、プルサーマル発電の開始も注目される。政府は2020年に二酸化炭素を出さない「ゼロ・エミッション」比率を50%に引き上げる方針。コスト面でも、太陽電池(49円/KW)、水力(8-13円)、LNG(7-8円)、原発(5-6円)と競争力がある。経産省は、原発メーカーの海外進出を支援するため、開発、実験に投じた費用の三分の二を上限として、補助金を支給する。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

中間貯蔵施設 関連銘柄

中間貯蔵施設 関連テーマ

原発
原子炉メーカー 原子炉圧力容器 原発温度制御機器 金属診断装置 原発空調 原子炉浄化系水処理プラント 再処理剤 使用済み核燃料(プルサーマル) 蒸気伝熱管シームレスパイプ 中間貯蔵施設 原発バルブ 原発プラント 原発ポンプ ウラン権益 炉心部材

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方