株テーマ:緑茶・紅茶=奈良県立医大が新型コロナ無害化効果を確認の関連銘柄

国内緑茶市場が拡大しており、サントリーの「伊右衛門」、伊藤園の「おーいお茶」が激突。ティーライフは静岡県の企業で緑茶も扱うが、プアール茶で急成長した。

2020年11月、奈良県立医科大学は、新型コロナウイルスが市販のお茶によって無害化する効果を確認したと発表した。まだ試験管内の基礎研究段階で、ヒトへの効果は未確認だが、1分間お茶に触れることで最大99%が感染力を失ったという。実験には緑茶や紅茶10品目が使用され、茶葉からいれた紅茶が最も効果が高かった。インフルエンザでお茶の成分であるカテキンの効果は確認されているため、新型コロナのヒトへの効果が推測されている。メーカーの許可が下り次第、製品名を公表する。

2593伊藤園
3172ティーライフ
2503キリン HD(キリンビバレッジ)
2502アサヒグループ(アサヒ飲料)
2590ダイドーグループ HD(ダイドードリンコ)

4452花王(ヘルシア)
4967小林製薬(杜仲茶)
2587サントリー食品インターナショナル

緑茶・紅茶=奈良県立医大が新型コロナ無害化効果を確認 関連銘柄

緑茶・紅茶=奈良県立医大が新型コロナ無害化効果を確認 関連テーマ

健康食品
オリゴ糖 機能性食品 大豆ペプチド 豆乳 ノコギリヤシ ヒアルロン酸 ユーグレナ 緑茶・紅茶=奈良県立医大が新型コロナ無害化効果を確認

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方