株テーマ:深紫外線LEDの関連銘柄

新型コロナウイルスの感染対策として、紫外線による消毒・殺菌効果が認められており、照射用のLEDは波長280nm未満で品不足になっている。殺菌力を持つ波長域の紫外線照射は水銀ランプが主流だったが、健康被害の問題もあり、LED光源の開発が進んでいる。

ウシオ電機は3月4日に、ウイルスを不活化する「222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化ユニット」の開発に着手し、国内医療機関で研究実験用ユニットの設置を開始すると発表し、日本と米国で新型コロナへの効果を確かめる実証実験を開始した。

ウシオ電機は、2020年8月13日、神戸大学との共同研究である222nm紫外線直接照射による人体皮膚への安全性と殺菌効果の両立を立証したと発表した。ウシオ電機の222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化ユニット「SafeZone device」を用いて222nm紫外線を20人の正常皮膚に直接照射し、急性障害である紅斑の発生なく常在菌を殺菌したとしている。

人体皮膚への安全性が立証されたことで、ウシオ電機が進めている病院や学校、商業施設や交通機関など有人環境での222nm紫外線を用いた紫外線殺菌・不活化が現実的となる。導入施設はさらに増えることになりそうだ。2020年8月26日には東芝ライテックと自動車や鉄道車両に搭載する装置や一般照明器具の開発で業務提携した。

テルモは日本での独占販売権を取得した米ゼネックス社の紫外線殺菌ロボット「ライトストライク」が、米国で新型コロナウイルスを除去する効果が確認されたと、報じられている。

岩崎電気は、空気循環式紫外線清浄機「エアーリア」などを複数の医療施設や介護施設に納入している。日機装は深紫外線LEDを使った空気浄化装置の引き合いが増加している。星和電機は新型コロナウイルスの対策用紫外線LED開発に着手している。

日機装は、2020年5月27日、空間除菌消臭装置「Aeropure(エアロピュア)」に搭載される深紫外線LEDについて、新型コロナウイルスの不活化試験を宮崎大学医学部の共同研究講座で実施し、有効性を確認したと発表した。新型コロナウイルスの感染価の減少率は、30秒、60秒照射後にともに99.9%以上としている。年間生産量を1万台から10万台に引き上げたが、需要はさらに拡大する。

米ニューヨーク市の交通当局は、新型コロナウイルスを殺菌できる紫外線C波(UVC)を照射する携帯機器で公共交通機関で試験を開始する。ランプは夜間、地下鉄の運行が停止しているときに点灯し、新型コロナに有効ならば、地下鉄やバス、輸送施設に拡大する計画。製造メーカーのPUROライトニングによれば、表面や空中の病原体を除菌し、ウイルスやバクテリアの99.9%を殺菌できるというが、日本メーカでも同様の効能を示す製品は多く、費用対効果が確認できれば、連想買いの対象となりそうだ。

ドイツの紫外線装置関連企業「ドクター・ヘンレ」が、UV−C(短波長紫外線)の照射が新型コロナウイルスの不活性化に極めて有効と報じられ、株価は一時34%急伸している。

深紫外線LED 関連銘柄

深紫外線LED 関連テーマ

感染症:パンデミック
インフルエンザ薬 ECMO(人工心肺装置) エボラ出血熱 オゾン 化学防護服 空気清浄機 抗体検査・抗原検査 コロナウイルス(COVID、SARS、MERS) サーモグラフィー 深紫外線LED 除菌剤・消毒薬・うがい薬 人工呼吸器 体温計 テレワーク・遠隔医療 デング熱 鳥インフルエンザ PCR検査・臨床検査 飛沫感染対策 マスク(ウイルス対策) 調剤薬局 ワクチン投与キット

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方