株価予想

9022 JR東海

2022年6月24日 株価
始値
15,550
高値
15,550
安値
15,375
終値
15,490
出来高
664,200
9022JR東海のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
16,000
予想安値
15,000

9022 JR東海の投資戦略

9022 JR東海の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

9022 JR東海のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

9022 JR東海の関連ニュース

  • 2022/04/15 08:00
    【注目銘柄】ゴールデンウィークの新幹線予約好調
    4月28日(木)から5月8日(日)までの11日間における指定席の予約席数は、4月13日現在で東海道・山陽新幹線が72万席と発表した。予約可能席は387万席でまだまだ余裕はあるが、対前年比では2倍となっている。コロナ前の2019年比では62%に留まっている。下りでは、4月29日の午前に東京駅を発車する博多行きの「のぞみ」号に混雑が見られ、上りでは4月29日の午前に名古屋駅を発車する博多行きの「のぞみ」号に混雑が見られる。

    今年は最大10日間の大型連休となるため、JR東海は東海道新幹線「のぞみ」の一部列車の指定席に「お子さま連れ専用車両」を設定する。三本新値に続いて、パラボリックも陽転した。
  • 2021/10/28 10:40
    【注目銘柄】運輸収入の回復の立ち上がり時期が遅れており、7月末に続き2度目の下方修正
    通期売上を1兆1150億円から1兆0080億円、営業利益を1060億円から370億円、最終損益を150億円の黒字から300億円の赤字へ下方修正した。想定よりも緊急事態宣言の発令期間が延長され、運輸収入の回復の立ち上がり時期が遅れており、7月末に続き2度目の下方修正で赤字転落となった。ビジネス利用が戻らず新幹線利用客の落ち込みが大きい。

    また岐阜県のリニア中央新幹線瀬戸トンネルの工事現場で崩落事故があり、作業員2人が死傷した。トンネル工事は崩落事故が相次いでおり、工法に問題があるとされており、赤字転落の決算発表日に間の悪いこととなった。
  • 2021/10/01 10:38
    【注目銘柄】日経平均大幅安も、アフターコロナ関連で注目。
    本日から全国で緊急事態宣言とまん延防止措置が解除される。既に完全解除の見通しが伝わった頃から航空券や旅行ツアーの予約が上昇し始めており、中でも宣言解除後にやりたいことアンケートでは旅行が一番人気だった。県境をまたいだ移動も解禁されるため、ビジネス需要も増加すると見られる。JR東海は7-9月の安値揉み合いゾーンは明確に上放れたものの、年初来ではまだゾーン上限を抜けきっていない。18000円を明確にブレイクすると、戻り売り圧力の小さい価格帯に入るため、2万円大台を目指す動きが期待される。週足ベースのパラボリックも陽転した。
  • 2021/08/12 10:33
    【注目銘柄】テクニカル指標好転で、底入れ機運
    デルタ型ウイルスへの警戒感で旅行関連株も下押しリスクに押されていたが、お盆休みの新幹線指定席の予約は過去最低だった去年よりはやや増えていることから、反発に転じている。政府はお盆休みの県境を越えた帰省自粛を促しているが、それほど効果はないと見られ、航空機予約に至っては去年に比べおよそ1.4倍に増えている。東京五輪が閉幕した安心感もあり、三本新値とパラボリックは陽転し、MACDとシグナルもクロスした。まだ急伸は期待できない状況だが、底入れ機運は高まっている。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 31.31 RCI 9日 -8.33
13日 -69.23
ボリンジャーバンド +2σ 16990.67
-2σ 15255.99
ストキャススロー S%D 20.78
%D 12.98
ストキャスファースト %K 71.43
%D 12.98
ボリュームレシオ 14日 31.57
移動平均乖離率 25日 -3.02 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (6月25日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方