株価予想

7532 パン・パシフィック・インターナショナル HD

2021年3月4日 株価
始値
2,656
高値
2,709
安値
2,626
終値
2,692
出来高
1,905,800
7532パン・パシフィック・インターナショナル HDのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
2,800
予想安値
2,600

7532 パン・パシフィック・インターナショナル HDの投資戦略

7532 パン・パシフィック・インターナショナル HDの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7532 パン・パシフィック・インターナショナル HDのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

7532 パン・パシフィック・インターナショナル HDの関連ニュース

  • 2021/02/24 08:50
    【注目銘柄】米国のプレミアムスーパー会社を買収 海外事業が新たな収益の柱として期待
    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは、2021年2月24日、米カリフォルニア州でプレミアムスーパーマーケットチェーン「Gelson's」を運営するGRCY Holdingsの株式100%を取得すると発表した。

    Gelson'sは、南カリフォルニアエリアに27店舗を展開する創業70年の老舗プレミアムスーパーマーケットで、2020年12月期の売上高は8.72億ドル(約915億円)。

    GRCY Holdeingsの買収で、パン・パシフィック・インターナショナルの海外売上高は年2000億円規模に増加し、売上高の約10%を占めることから、新たな収益の柱になることが期待できるとしている。
  • 2020/08/12 16:28
    【決算】20年6月期経常利益は10.2%増 21年6月期は1.1%増を計画
    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの2020年6月期経常利益は10.2%増の751億円となった。通期は710億円を計画しており、計画を41億円上回った。グループ総店舗数は2019年6月の693店舗から629店舗となった。

    セグメント別では、ドン・キホーテのディスカウントストア事業の営業利益は4.6%減の473億円。新型コロナウイルスの影響による渡航制限で、インバウンド売上高が2020年2月以降急減速したことなどが影響した。

    ユニーの総合スーパー事業の営業利益は141.4%増の169億円。ユニーがフル連結になったことなどが寄与した。

    テナント賃貸事業の営業利益は74.2%増の135億円。テナント賃貸事業にかかる対象件数の増加や稼働状況が改善した。

    2021年6月期は1.1%増の760億円を計画する。
  • 2020/05/08 17:00
    【決算】通期経常利益を1.4%下方修正 新型コロナの影響を考慮 7-3月は15.6%増
    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは通期経常利益を720億円から710億円と1.4%下方修正した。新型コロナの影響で、外出抑制やイベント自粛、訪日外国人の減少による免税売上高などの減少を考慮した。

    また、2020年6月期第3四半期(7-3月)の経常利益は15.6%増の599億円となった。グループ総店舗数は7-12月の700店舗から692店舗となった。

    セグメント別利益では、ドン・キホーテのディスカウントストア事業は天候不順や消費税増税後、新型コロナウイルスの影響で6.3%減の368億円、総合スーパー事業は食品需要の好調などで307.4%増の131億円、テナント賃貸事業はドン・キホーテの店舗数増加やユニーの連結子会社化でテナント対象件数の増加や稼働状況が改善し133.7%増の105億円となった。

    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの株価は20円高の2100円で推移している。
  • 2020/04/07 15:08
    【注目銘柄】オリジナル電子マネー「マジカ」の会員数が1000万人を突破
    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは、2020年4月7日、オリジナル電子マネー「マジカ」の会員数が1000万人を突破したと発表した。

    「マジカ」はドン・キホーテ系列店舗で利用できるオリジナル電子マネー。2014年からサービスを開始し、2019年12月に会員数が900万人を突破。2020年4月から総合スーパーの「アピタ」「ピアゴ」でも利用できるようになり、1000万人を突破した。

    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの株価は4円高の2008円で推移している。
  • 2020/03/13 17:25
    【注目銘柄】アパレルメーカーなどで処分される予定の商品を買い付け、再販売するオフプライス事業を開始
    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは、2020年3月13日、ドン・キホーテで海外を中心にアパレルメーカーやブランド、小売店などが大量に抱えている余剰在庫や廃棄・焼却などで処分される予定の商品を買付け、再販売するオフプライス事業を開始すると発表した。廃棄・焼却処分など環境に対する社会問題を解決する活動としてオフプライス事業を位置付けるとともに、魅力ある商品を買い付け、高い値引き率で販売する。

    2020年3月24日にリニューアルオープンする「MEGAドン・キホーテUNY大口店」2階にオープンする。2020年中に複数店舗を出店する予定。

    パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの株価は58円安の1804円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 66.46 RCI 9日 33.33
13日 -29.12
ボリンジャーバンド +2σ 2670.68
-2σ 2166.22
ストキャススロー S%D 53.79
%D 36.59
ストキャスファースト %K 100
%D 36.59
ボリュームレシオ 14日 55.95
移動平均乖離率 25日 7.06 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (3月4日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方