注目銘柄

    決算 8/8 18:14
    (6976) 太陽誘電 4-6月の経常利益は16.7%減 通期は26.1%減を計画
    太陽誘電の2021年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益は16.7%減の73億円となった。4-6月は71.7%減の25億円を計画しており、計画を48億円上回った。

    固定費の抑制や為替変動、今後の不足の事態に備えた棚卸資産の積み上げが影響した。フィリピンやマレーシアの生産子会社で稼働制限が生じ、約70億円の減収影響があったとしている。

    製品別売上高では、セラミックコンデンサなどのコンデンサは7.5%減の400億円、各種インダクタ商品のフェライト及び応用製品は8.2%減の79億円、モバイル通信用デバイスなどの複合デバイスは27.5%減の90億円となった。

    2021年3月期の業績予想を発表し、経常利益は26.1%減の260億円とした。新型コロナウイルスの影響は通期に渡って継続すると想定。生産は第2四半期以降、通常通りの稼働を前提としている。

    太陽誘電の株価は15円安の3465円で推移している。

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方