株テーマ:半導体新工場・設備投資の関連銘柄

CHIPS法(Creating Helpful Incentives to Produce Semiconductors and Science Act)は、米国内での半導体の開発や量産、AI(人工知能)、量子コンピュータ、通信技術などへの投資を支援する法案。

2022年に成立したCHIPS法は、地政学的リスクや半導体不足によるサプライチェーン寸断に備えるものとして、米国内での半導体製造を財政支援し、先端品から成熟品までの自前確保や雇用創出を目指している。CHIPS法は半導体関連で5年間で527億ドルの財源を割り当てる「歳出」が決定されている。補助金に460社以上の企業が関心を示している。

米政府は半導体メーカーを対象とした数十億ドル規模の補助金を計画しており、2024年3月末までに発表すると、報じられている。補助金の申請は、10年間中国への関連投資を禁じることを条件に、390億ドル(約5.3兆円)分の申請受け付けを開始している。総額は527億ドルの見込み。EUは1345億ユーロ(約20兆円)を拠出する計画で、日本も累計2兆円規模の補助を打ち出している。

半導体新工場・設備投資 関連テーマ

半導体新工場・設備投資
インテル SKハイニックス キオクシア クリーンルーム サムスン TSMC PSMC マイクロン

株式情報更新 (7月20日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方