株テーマ:5G注目株の関連銘柄

2021年10月18日(月)時点の株テーマ「5G(第5世代移動通信システム)」から今週の注目株ベスト5銘柄をピックアップ。第5世代移動通信システム(5G)は「高速・大容量」「超低遅延」「多数端末接続」が特徴で、IoT実現に不可欠な技術となる。動画配信から自動運転まで新たなサービスを影で支える。


●6706電気興業
移動通信関連分野では5G向けのアンテナを展開する。新型コロナの影響で基地局工事の遅延などの影響が発生していたが、移動通信事業者による設備投資需要に本格化の様相がみられるとしている。

8月11日には2022年3月期第2四半期(4-9月)の経常利益を▲8億円から▲5億円に上方修正した。5Gの周波数帯に対応したアンテナ需要が想定よりも前倒しになるなどの要因から増益となる見通し。通期は横ばいの18億円で据え置いている。


●6904原田工業
主力の車載アンテナは、自動車の自動運転やコネクテッドカーの実現に不可欠で、5Gの活用が進むことで車載アンテナの搭載数が増加することが期待される。

経常利益は2018年度は14億円、2019年度は4.87億円、2020年度は▲11億円で、2021年度は16億円を計画する。自動運転や5G分野への対応力強化などを進める。


●6930日本アンテナ
2020年9月にソフトバンクなどと5G基地局用の見えない看板アンテナを共同開発。コンビニなどの商業施設や駅、駐車場などに容易に設置可能としている。日本アンテナは看板内臓アンテナの開発・製作を担う。今後、多数の基地局の設置が必要となる5Gネットワーク整備に向けて導入を推進するとしており、事業の展開が注目される。


●5802住友電気工業
5G基地局用アンテナ半導体にシリコンではなく窒化ガリウムを採用しており、5G基地局向けに需要が増加している。


●5201AGC
NTTドコモと基地局に使う透明なガラス製アンテナを開発。屋外ではなく窓の内側に貼り付けるタイプで、5Gでは電波の到達範囲が4Gと比べて狭いため、より多くの基地局が必要になる。2019年10月にはNTTドコモが電波送受信が可能なガラスアンテナを用いた携帯サービスの提供を開始。2020年6月には5G対応の開発を完了した。

5G注目株 関連銘柄

5G注目株 関連テーマ

5G(第5世代移動通信システム)
5G注目株 機関投資家大量保有 5G基地局:ミリ波対応フィルター 液晶ポリマー(LCP)は5Gの主力基板材料 5G基地局(Open RAN・クラウド基地局) 5G基地局:アンテナ 空飛ぶ基地局 光ファイバー ファーウェイ ローカル5G

株式情報更新 (10月19日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方