株テーマ:5G注目株の関連銘柄

2021年5月3日(月)時点の株テーマ「5G(第5世代移動通信システム)」から今週の注目株ベスト5銘柄をピックアップ。第5世代移動通信システム(5G)は「高速・大容量」「超低遅延」「多数端末接続」が特徴で、IoT実現に不可欠な技術となる。動画配信から自動運転まで新たなサービスを影で支える。今週は対象銘柄が少なく3銘柄となっている。


●5201AGC
NTTドコモと基地局に使う透明なガラス製アンテナを開発。屋外ではなく窓の内側に貼り付けるタイプで、5Gでは電波の到達範囲が4Gと比べて狭いため、より多くの基地局が必要になる。2019年10月にはNTTドコモが電波送受信が可能なガラスアンテナを用いた携帯サービスの提供を開始。2020年6月には5G対応の開発を完了した。


●6702富士通
5G関連では2020年10月にDXの加速に向けたローカル5Gサービスの提供を開始すると発表。PoC、免許申請・電波測定、設計・構築、運用保守までをワンストップで提供する「プライベートワイヤレスマネジードサービス」などの販売を開始。2020年度第4四半期に提供予定の4.7GHz帯スタンドアローン型5G基地局も対応させ、導入コストの最適化と柔軟な通信環境づくりを実現する。

2021年3月期の営業利益は25.9%増の2663億円となった。2022年3月期は3.3%増の2750億円を計画する。5G基地局関連などネットワークの増加やDXビジネスの拡大などを見込む。


●6723ルネサスエレクトロニクス
基地局のアンテナ無線信号を増幅させる半導体「RFアンプ」の量産を2020年9月から開始する予定。2021年2月8日にはIoTや5G基地局、自動車向け分野の強化を目的に、英半導体Dialogを約6157億円で買収する手続きを開始。完了は2021年末までを予定する。

20年12月期営業利益は940.1%増の651億円となった。利益率の高い産業・インフラ・IoT向け事業の増収などがデータセンター向けやリモート勤務・学習により増加しているPC等用のOA機器向けIoTなどが寄与した。2021年12月期第1四半期(1-3月)は126.8%増の301億円となった。

5G注目株 関連銘柄

5G注目株 関連テーマ

5G(第5世代移動通信システム)
5G注目株 機関投資家大量保有 5G基地局:ミリ波対応フィルター 液晶ポリマー(LCP)は5Gの主力基板材料 5G基地局:Open RANで世界展開 5G基地局:アンテナ 空飛ぶ基地局 光ファイバー ファーウェイ ローカル5G

株式情報更新 (5月11日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方