株価予想

7735 SCREEN HD

2024年4月19日 株価
始値
17,300
高値
17,470
安値
16,200
終値
16,810
出来高
3,845,800
7735SCREEN HDのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
18,000
予想安値
16,000

7735 SCREEN HDの投資戦略

7735 SCREEN HDの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7735 SCREEN HDの関連ニュース

  • 2024/01/30 08:34
    【注目銘柄】枚葉式洗浄装置でリードタイムを短縮
    最先端半導体の国産化を目指すRapidus(ラピダス)は、世界最先端の2ナノ世代プロセスの工場を建てることを目標としている。ラピダスは、AI(人工知能)半導体メーカー主な顧客層として想定しており、ウエハーを1枚ずつ処理する全枚葉式を戦略に据え、どこよりも速い半導体製造を可能にするという。

    半導体製造装置の方式には、ウエハーを1枚ずつ処理する枚葉式と、大量のウエハーを一度に処理するバッチ式がある。これまでの半導体製造では、枚葉式とバッチ式の装置を工程ごとに分けて採用する場合が多かった。ラピダスは、リードタイムを短縮するためには、枚葉式に統一する。

    SCREEN HDは、半導体製造装置の新工場「S3-5(エス・キューブ ファイブ)」が完成した。総工費は80億円で、2024年1月に操業を開始し、主力製品である枚葉式洗浄装置の生産を開始する。枚葉式洗浄装置では、日本のシェアは、SCREEN HDと(8035)東京エレクトロンの合計で、枚葉式洗浄装置(61%)、バッチ式洗浄装置(91%)と見られる。SCREENは、TSMC向けが多い。

    ラピダスには、トヨタ自動車やソニーグループなど国内主要企業8社が出資している。経産省は700億円の支援を決定していたが、2600億円追加支援を合わせると、3300億円が補助される。日本が国内で製造できるのは40ナノ世代までだが、TSMCや韓国のサムスン電子が量産技術を確立している3ナノ世代を飛び越えて、一気に2ナノ世代の量産化を目標としているようだ。世界で初めて2ナノ半導体の開発技術を発表したIBMから2ナノの製造ノウハウを習得する。
  • 2023/06/16 10:52
    迷走神経刺激デバイスを開発するアドリアカイム社に出資
    SCREEN HDは、慢性心不全の発症を抑制する迷走神経刺激デバイスを開発するアドリアカイム社に出資し、持分法適用関連会社とした。国内で急性心筋梗塞を発症する約8万人(年間)のうち、約2.3万人が慢性心不全を発症する。アドリアカイムは国立循環器病研究センターの長年の研究成果を活かし、独自技術による迷走神経刺激デバイスによって、慢性心不全発症を抑制していくことを目指している。現在、日本での非臨床試験を全て完了し、臨床試験(治験)を開始できる状況で、今後の試験をスムーズに進める為に資金調達を実施した。

    SCREEN HDは、新規事業のライフサイエンス分野で、画像処理技術を応用した高速3D細胞スキャナーや細胞形態解析イメージングシステムを開発しており、腎臓移植用医療機器「オーガンポケット」についても、安全性および有用性を確認する臨床試験を終了している。アドリアカイムの知見や技術を自社開発にも活かす。
  • 2023/05/24 09:18
    半導体3D化で、洗浄装置の需要拡大
    SCREEN HDの最大顧客は台湾TSMCであり、TSMCがソニーグループなどと共同で約70億ドル(9429億円)を投じて建設中の工場に最大4760億円を助成することを決定した。さらに2024年末に稼働予定の第1工場と同規模以上の第2工場の建設を検討することで、買い人気が高まっている。総投資額は1兆円以上の見通しで、5-10ナノメートルの先端プロセスを採用する可能性がある。

    SCREEN HDの主力は、半導体の原料であるシリコンの円盤を製造工程で洗浄する装置で、半導体メモリーはさらなる高性能化のため、回路を立体的に積み上げる3次元(3D)化が進むため、洗浄工程も高度化が求められている。先端半導体では工程の3割を洗浄が占めるとされ、洗浄装置の世界シェアを現在の約4割から5割程度に高めたい目標を掲げている。

    回路を細くする微細化は限界に近く、3D化が進めば洗浄の回数も増える。東京エレクトロンや韓国SEMESなどとの競争が激しくなりそうだ。
  • 2023/05/10 19:10
    【株式分割】1株→2株に株式分割 基準日は2023年9月30日

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 28.94 RCI 9日 -88.33
13日 -75.82
ボリンジャーバンド +2σ 20344.91
-2σ 16567.21
ストキャススロー S%D 22.4
%D 18.94
ストキャスファースト %K 0
%D 18.94
ボリュームレシオ 14日 53.81
移動平均乖離率 25日 -9.63 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月20日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方