株価予想

3788 GMOグローバルサイン HD

2020年10月21日 株価
始値
13,330
高値
13,540
安値
13,010
終値
13,350
出来高
398,900
3788GMOグローバルサイン HDのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 過熱 トレンド分析 上昇
予想高値
15,000
予想安値
11,000

3788 GMOグローバルサイン HDの投資戦略

3788 GMOグローバルサイン HDの株価は、オシレーター系指標では過熱圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、利益確定ゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

3788 GMOグローバルサイン HDのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

3788 GMOグローバルサイン HDの関連ニュース

  • 2020/10/08 08:53
    【注目銘柄】電子契約サービス「GMO電子印鑑Agree」がワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」と連携
    GMOグローバルサインの電子契約サービス「GMO電子印鑑Agree」について、(3371)ソフトクリエイト HDと販売代理店契約を締結し、エイトレッドが提供するワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」と連携を開始する。アジャイルワークスは、社内の書類や承認プロセスを電子化するもので、社内決裁が下りた後、自動で「GMO電子印鑑Agree」に連携し、契約書のPDFアップロード、電子署名、データ保存までを行うことができる。

    紙とハンコによる業務がテレワークの阻害要因となっており、連携により「脱ハンコ」を加速することになる。連携サービスは初期費用25万円、月額費用4万円から利用出来る。
  • 2020/09/30 08:45
    【注目銘柄】リモート署名ツール「PDF電子印鑑エンジン」の提供を開始
    福岡市は、9月中に国や県の法令で義務づけられている約900種類の書類を除き、市単独で見直せる約3800種類の押印義務を全て廃止する。2019年1月から脱ハンコに取り組んでおり、2020年度中の完了を目指していたが、前倒しする。河野太郎行革相は、行政文書の脱ハンコが出来ない場合は、9月中に理由を説明することを全省庁に求めている。福岡市の事例が国の書類まで脱ハンコとなれば、地方でも加速することになる。

    GMOグローバルサインは、「GMO電子印鑑Agree」搭載の電子署名・電子サインのエンジンとなるリモート署名ツール「PDF電子印鑑エンジン」の提供を開始した。電子契約が可能な電子証明書による「電子署名」と、メール認証による「電子サイン」の電子署名法に準拠した仕様となっており、他社サービスに組み込む電子署名機能のパーツとして追加できる。アドビの認定タイムスタンプを付与しており、法的に有効なPDF電子文書が作成できるため、電子契約だけでなく法人の電子申告に伴うe-Taxへの適用も期待される。株価水準は高いが、5日移動平均がサポートした上昇となっており、先高期待は継続している。
  • 2020/08/11 17:33
    【決算】中間期経常利益は22.3%増
    GMOクラウドの2020年12月期第2四半期(1-6月)の経常利益は22.3%増の9.22億円となった。通期は5.7%増の15億円を計画しており、進捗率は58.7%となっている。セキュリティ事業やマネージドクラウドサービス、電子契約サービスが好調に推移した。

    セグメント別では、クラウド・ホスティング事業の利益は18.8%増の5.54億円。マネージドクラウドサービス「CloudCREW」の販売が好調に推移した。

    セキュリティ事業の利益は17.1%増の9.76億円。SSLサーバー証明書の販売が欧米で堅調なことやクラウド型電子署名ソリューション「DSS」が寄与した。

    GMOクラウドの株価は250円安の7100円で推移している。
  • 2020/05/12 20:50
    【決算】1-3月の経常利益は24.4%増 マネージドクラウドサービスなどが好調
    GMOクラウドの2020年12月期第1四半期(1-3月)の経常利益は24.4%増の4.93億円となった。通期は5.7%増の15億円を計画しており、進捗率は31%となっている。マネージドクラウドサービスや電子契約サービスが好調に推移した。

    セグメント別では、クラウド・ホスティング事業の利益は13.7%増の4.49億円。マネージドクラウドサービス「CloudCrew」の大型案件獲得などが寄与した。

    セキュリティ事業の利益は19.9%増の4.92億円。SSLサーバ証明書の販売やクラウド型電子署名ソリューション「Degital Signing Suite」の月間署名数が大幅に伸びた。

    GMOクラウドの株価は65円高の3370円で推移している。

オシレータ分析

過熱

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 72.13 RCI 9日 58.33
13日 79.12
ボリンジャーバンド +2σ 13122.26
-2σ 6080.54
ストキャススロー S%D 91.07
%D 90.69
ストキャスファースト %K 87.35
%D 90.69
ボリュームレシオ 14日 75.7
移動平均乖離率 25日 23.38 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方