注目銘柄

    ・意外と知らない社名の由来 (1333)~(3950)
    ・意外と知らない社名の由来

    (1333)マルハニチロ
    「マルハ」の社名は創始者である中部幾次郎の家号が「林屋」だったため、ひらがなの「は」を丸で囲んだ商標を用いたことに由来する。日魯は、2つの日が魚をはさむことから、毎日魚がとれるという意味があり縁起がいいことや、ロシアの漢字表記だった魯西亜の頭文字が由来。

    (1379)ホクト
    社名は北斗七星から来ており、その第7星「搖光」が古来時刻の基準とされたように、業界の指針を担うという自負を込めている

    (1811)錢高組
    宮大工の棟梁を家業とする「番匠屋 錢高家」に始まる。野村胡堂の『銭形平次捕物控』の小説名の由来との逸話もある。

    (2206)江崎グリコ
    肝臓や筋肉に蓄えられる栄養源グリコーゲンが由来

    (2229)カルビー
    カルシウムの カル と、ビタミンB1 の ビー を組み合わせた造語

    (2267)ヤクルト本社
    エスペラント語でヨーグルトを意味する「Jahurto(ヤフルト)」をベース

    (2801)キッコーマン
    「キッコー」は漢字では亀の甲羅の形をした模様を指す「亀甲」、「マン」は「万」の旧字体である「萬」。縁起が良い「亀甲萬」が由来。


    (3103)ユニチカ
    ユニチカの由来は、ユナイテッド(結合した)の「ユ」、ニチボーとニチレの「ニチ」、カンパニーの「カ」を組み合わせたもので、ニチボーと日本レイヨンが結びついた会社という意味

    (3401)帝人
    旧社名である「帝国人造絹絲」の略称。人造絹絲とは、「レーヨン」のこと。

    (3110)日東紡績
    郡山絹糸紡績が発祥で、中国から見て日が昇る東の国「日東」を冠した

    (3402)東レ
    三井グループの出資により東洋レーヨンとして創業

    (3436)SUMCO
    シリコンユナイテッドマニュファクチュアリング(Silicon United Manufacturing Corporation)」の頭文字


    (3551)ダイニック
    DYは日本語の〈大〉であり、英語のDYNAMICを意味する。日本クロス工業の略称ともいうべきNICを合成した

    (3569)セーレン
    絹を水洗いしてセリシンを取り除く絹の精練業から事業をスタート

    (3591)ワコール
    当時の社名・和江商事の『和江』を英語風に表現したもので、「和江の名を永遠に留める=(和江留)」という意味

    (3941)レンゴー
    「聯合紙器」。「聯合」の「聯」は、段ボールの段を聯(つら)ね合わせた構造に通じ、「合」も段ボールに通じることから「レンゴー」とした。

    (3946)トーモク
    北海製函乾燥→東洋木材企業

    (3950)ザ・パック
    日本ケース発祥で、「包む」を最大限に表現し、「包装企業の中の包装企業」の意味をこめた

株式情報更新 (6月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方