注目銘柄

    決算 6/30 16:10
    (6740) ジャパンディスプレイ 20年3月期経常利益は▲577億円(前期は▲403億円) 21年3月期売上高は15%~20%の減少を見込む
    ジャパンディスプレイの2020年3月期経常利益は▲577億円となった(前期は▲403億円)。スマートフォン市場の成長停滞や有機ELの採用拡大、新型コロナウイルスによる影響で後工程生産工場での生産の一時停止や稼働率低下が生じ、生産量が減少した。

    分野別売上高は、モバイル分野は24.9%減の3508億円、車載分野は7.8%減の1035億円、デジカメやウエアラブル機器用ディスプレイなどのノンモバイル分野は13.6%減の496億円となった。

    2021年3月期第1四半期(4-6月)の営業利益は▲70億円~▲90億円を計画する。新型コロナウイルスの影響でスマートフォンや自動車向けディスプレイ需要の落ち込みで2021年3月期の売上高は15%~20%の減少を見込む。固定費は200億円低減する見込みで、売上積み上げと更なる固定費・変動費の削減により業績改善を目指す。

    ジャパンディスプレイの株価は1円高の49円で推移している。

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方