株価予想

3541 農業総合研究所

2021年4月22日 株価
始値
561
高値
567
安値
556
終値
564
出来高
184,000
3541農業総合研究所のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
600
予想安値
530

3541 農業総合研究所の投資戦略

3541 農業総合研究所の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

3541 農業総合研究所のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

3541 農業総合研究所の関連ニュース

  • 2020/10/15 10:00
    【業務提携】JR東日本と農産物の物流網拡充で提携し、ストップ高買い気配
    前8月期売上は21.8%増の34億円、営業利益は17.3%減の3600万円、純利益は41%増の3100万円と、10月7日の業績修正どおりの黒字転換となった。今期売上予想は40億円から44億円で、最低でも15.2%増収の計画を示した。5月、7月、8月は単月の流通総額が10億円を突破し、重要な経営指標としている「農家の直売所」事業による流通総額は108億円となった。スーパー中心に導入店舗は203店舗増の1619店舗、登録生産者は668名増の9273名となっている。

    またJR東日本及び福岡ソノリクとそれぞれ資本業務提携した。JR東日本の駅周辺に集荷場を整備し、鉄道による物流網も拡充する。「JRE MALL」での農産物販売も開始する。JR東日本には発行済み株式総数の0.62%に当たる13万4900株を割当、西日本エリアで独自の物流網を持つ福岡ソノリクにも同株数を割り当てる。農産物輸送業務を福岡ソノリクが一手に行うこととなる。さらに農林漁業成長産業化支援機構にも48万5900株を割当、合計で5億5000万円を調達し、物流加工センターの機能拡張やシステム開発に充当する。
  • 2020/10/08 08:50
    【上方修正】最終損益を2700万円の赤字から3100万円の黒字に上方修正
    前8月期売上を32億円から34億円、営業損益を4000万円の赤字から3600万円の黒字、最終損益を2700万円の赤字から3100万円の黒字に上方修正した。流通総額の拡大に備えた追加投資や新型コロナウイルス関連対応費用を盛り込んでいたが、売上高が計画を上回り、営業自粛で経費が計画以下となった。第3四半期にあたる9-5月売上は24億円、営業利益は1000万円の黒字となっており、通期も黒字確保したことは評価されそうだ。

    スーパーマーケットで「生産者応援キャンペーン」を実施し、登録生産者以外も農産物買い取りで支援したことが売上を押し上げたようだ。神明との業務提携が、野菜・果物・コメの流通量拡大に寄与した可能性もある。神明は傘下に複数の青果取扱会社を持つ。通期の流通総額目標は105億円となっており、これをクリアするようなら評価が高まりそうだ。決算発表は10月14日の予定。
  • 2020/09/16 08:42
    【注目銘柄】農産物の海外輸出促進で、政策関連に浮上
    パラボリックの陽転に続いて、高値圏ではあるが赤三兵の買いシグナルとなっており、出来高も連日で100万株を超えてきた。富山中央青果や富山銀行との提携、流通総額の増加などの材料は織り込み済みと見られる。昨日は島根県で初となる農産物出荷用集荷場を開設した。本格的な加工機能を備えた施設で、生産者の利便性向上を評価した可能性もある。

    政策関連株と位置づけるなら、システム開発に新たに2億円を投じ、流通総額の増加に備えることから、農産物の海外輸出を促進することも材料視される。さらに食品を中心に取り扱うスーパーマーケット270社に於いて、新型コロナにより3月以降は突発的な青果需要が生まれている。
  • 2020/09/04 08:47
    【注目銘柄】富山中央青果及び富山銀行と連携
    農業総合研究所は、富山中央青果及び富山銀行と富山県産青果類の流通量を増やすことを目的として連携する。富山県の「野菜」の産出額は、47都道府県で最も低い58億円で危機感が募っている。富山中央青果は100年の歴史がある中央卸売市場の青果卸だが、集出荷体制はJA中心で、市場外流通を担う農業総合研究所と連携し、物流・ITプラットフォームの活用やブランディングのノウハウを活用する。富山銀行は生産者の金融支援を行い、農業総合研究所に情報提供するスキーム。爆発力のある材料ではないが、契約生産者の増加には寄与しそうだ。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 22.95 RCI 9日 -96.67
13日 -96.29
ボリンジャーバンド +2σ 692.46
-2σ 556.66
ストキャススロー S%D 12.2
%D 5.01
ストキャスファースト %K 12.36
%D 5.01
ボリュームレシオ 14日 26.46
移動平均乖離率 25日 -10.93 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月22日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方