注目銘柄

    全固体電池関連株の有望銘柄発掘①
    ●全固体電池関連株の有望銘柄発掘① (3407)旭化成

    株テーマ「全固体電池」がランキング上位を維持していることから、全固体電池関連株から有望株を発掘。

    旭化成は、2019年度~2021年度の中期経営計画の新事業創出のアクション計画で、全固体電池や燃料電池などの関連素材をあげている。今年は中期経営計画の最終年度であることから、全固体電池関連の材料が出てくるか注目しておきたい。

    旭化成の経常利益は、2018年は2199億円、2019年は1840億円で、2020年度は10.3%減の1650億円を計画する。11月時点では22.8%減の1420億円を計画していたが、2月に1650億円に上方修正。マテリアルで交易条件の改善や自動車関連市場の回復などを背景に140億円の増益。新型コロナの影響を受けながらも、住宅も25億円、ヘルスケアも55億円の増益となる見通しとしている。

    自動車の回復が大きく寄与しており、自動車向け半導体不足問題による減産が懸念だが、徐々に回復していくことに期待したい。

    株価は1400円あたりまでの上昇に期待したい。旭化成の株価は13.5円安の1235円で推移している。

株式情報更新 (4月21日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方