注目銘柄

    注目銘柄 2/6 18:43
    (4543) テルモ 4-12月期の営業利益は9.9%増 カテーテル事業などが好調に推移
    テルモの2020年3月期第3四半期(4-12月)の営業利益は9.9%増の862億円となった。通期は2.2%増の1090億円を計画しており、進捗率は79%となっている。心臓血管カンパニーのカテーテル事業やニューロバスキュラー事業の好調が寄与した。

    セグメント別では、心臓血管カンパニーの利益は18.5%増の687億円。カテーテル事業やニューロバスキュラー事業の脳梗塞治療用製品、袋状脳動脈瘤デバイス「ウェブ」などが好調に推移した。

    ホスピタルカンパニーの利益は11.2%減の198億円。スプレー式癒着防止剤「アドスプレー」や麻酔用鎮痛剤「フェンタニル注射液」などが順調に推移した。

    血液システムカンパニーの利益は3.7%減の104億円。日本での血液センター向け製品販売や海外での成分採決装置の新ソフトウェア導入などがけん引した。

    テルモの株価は149円高の4090円で推移している。

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方