注目銘柄

    注目銘柄 2018/8/21 15:36
    (3776) ブロードバンドタワー 2020年の東京五輪に向け通訳サービス提供を目指す
    国立大学法人豊橋技術大学と日本マイクロソフト、ブロードバンドタワーは、2016年6月、AI・機械学習による多言語コミュニケーションの実現に向け協働を開始。東京五輪が開催される2020年までに、様々な言語による情報をリアルタイムに提供する翻訳サービスをインターネット上の様々なサービスで活用可能にすることを目指している。

    翻訳品質について、流暢度は完璧に近くなった。一方、正確性には課題が残っているとしている。豊橋技術科学大学は、分野ごとの重要語句の抽出や用語の出現状況に基づく概念階層の自動構築によるシステムのカスタマイズによって、この課題の解決を進めている。

    ブロードバンドタワーは、AI・機械学習を活用した事業構築のために、実際の社会インフラ、ビジネスへの導入を行っている。事業例として、東京都港区で地域共生社会の実現に向けたAI翻訳による情報発信の強化。コマツと建設機械を対象に関連文書を多言語化。株式会社ブリックスと通訳会社の通訳アプリ「ワンタイム通訳」を行っているとしている。

株式情報更新 (9月17日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方