株テーマ:空き家の関連銘柄

空き家関連株。総務省によると総住宅数における空き家の割合は2019年時点で13.6%となっており、老朽化による倒壊や治安悪化が懸念される。

国土交通省は、2023年度に空き家対策事業を大幅に見直し、空き家の活用に向けた支援策を拡充する。企業やNPOが手掛ける空き家のリノベーション費用の3分の1を補助する。取り壊した場合は費用の5分の2を補助する。

2023年6月7日には空き家対策を強化する改正関連法が成立。窓や壁の一部が壊れているような管理不全空き家について、税優遇の対象から外す。2023年度税制改正では、相続空き家の発生を抑えるための特例も延長した。


アジアゲートホールディングスは、空き家問題に対し投資家とのマッチングにより解決を進めるソリューション事業を展開。個人不動産投資家向けWeb学習プラットフォーム「Re:Camp」や不動産の売主と投資家をつなぐ空き家買収メディア「ソクガイ.jp」などを運営する。

アールプランナーは、AI査定を活用した中古住宅流通事業「リノテック」を運営。

ファーストロジックは、不動産投資サイト「楽待」で空き家の相談や売却できる取り組みを行う。

マーチャント・バンカーズは、アビスと協業し、空き家所有者から土地売却について委任を受けた上で、解体費用を立て替え、解体し、土地として売却する事業を展開する。

空き家 関連銘柄

空き家 関連テーマ

社会問題
あおり運転 空き家 置き去り検知 カメムシ大量発生 キュレーション 口蹄疫 事業承継(後継者問題) 終活・墓じまい 終電繰り上げ タカタ製エアバッグ 多剤耐性菌 ヒアリ ブロック塀からフェンスへ

株式情報更新 (5月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方