株テーマ:半導体:EUV半導体本格化 フッ素ガスの関連銘柄

フッ素ガスは半導体の回路形成や洗浄工程で使用する。NAND型フラッシュメモリーの多層化で、より多くのフッ素ガスが必要となり、2022年には世界販売量が26%増の4030トンと予測されている。原料のフッ酸も高騰し、メーカーは値上げの方針。

政府は徴用工問題の対抗措置として、有機ELディスプレイに不可欠なフッ化ポリイミド、半導体製造過程に不可欠なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)の対韓輸出規制を2019年7月4日から強化する。これまで韓国には手続きの簡素化など優遇措置をとってきたが、契約ごとの輸出許可に切り替える見込み。これらの材料は日本企業のシェアが非常に大きく、サムスン電子やLG電子は代替先をすぐに見つけることは困難とされ、韓国経済には打撃となりそうだ。日本企業も有力な顧客を失うため、業績に悪影響が出る。

2019年11月、韓国メディアはステラ ケミファが申請した液体フッ化水素の韓国向け輸出を日本政府が許可したと報じた。7月の輸出規制強化から二ヶ月を要したが、サムスン電子やSKハイニックス向けと見られる。

・フッ化ポリイミド
4109ステラ ケミファ

・エッチングガス
4004 昭和電工
4047 関東電化工業
6367 ダイキン工業
4401 ADEKA

・フォトレジスト
4005 住友化学
4041 日本曹達
4043 トクヤマ
4063 信越化学工業
4185 JSR
4186 東京応化工業
4901 富士フイルム HD

半導体・半導体製造装置関連株

半導体チップは、半導体回路パターンの微細化で進化する。これまではガラス基板(フォトマスク)に描画された回路パターンをシリコンウェハーに転写するが、理論的な限界値は20nm(ナノメートル)とされる。光リソグラフィ技術がEUV(極端紫外線)露光技術に置き換わると10nm以下の回路パターンが形成できる。スマホの高機能化や自動運転の実現に向けて5G技術向けに半導体微細化競争は熾烈となるが、レーザーテックは検査装置を独占している。EUV(極端紫外線)半導体の量産開始には、韓国サムスン電子や台湾のTSMC、インテルの名前が挙がっていた。今後は韓国のSKハイニックスや米マイクロン・テクノロジーが名乗りを上げる可能性がある。

WSTS(世界半導体市場統計)は、2019年の世界半導体市場について米中貿易摩擦など世界経済の先行き不透明感やスマホの需要低迷で、通年で前年比マイナス12.8%と予想している。2020年は世界経済のさらなる悪化を想定せず、5Gの立ち上がりやデータセンター投資の回復、次世代ゲーム機の登場などで、前年比プラス5.9%としている。

日本の半導体市場は2019年にマイナス12.7%の3兆8521億円となるが、2020年は1.7%増の3兆9162億円と予測している。

関連注目銘柄情報はこちら

フッ素ガス 関連銘柄

フッ素ガス 関連テーマ

半導体:EUV半導体本格化
EUV注目株 半導体ウェハー 半導体検査装置 半導体製造装置(後工程) 半導体製造装置(前工程) フォトマスクブランクス 半導体フォトマスク フッ素ガス 半導体リードフレーム EUVレジスト

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方