株価予想

6254 野村マイクロ・サイエンス

2021年9月27日 株価
始値
5,220
高値
5,220
安値
5,080
終値
5,110
出来高
86,400
6254野村マイクロ・サイエンスのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
5,500
予想安値
4,700

6254 野村マイクロ・サイエンスの投資戦略

6254 野村マイクロ・サイエンスの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6254 野村マイクロ・サイエンスのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6254 野村マイクロ・サイエンスの関連ニュース

  • 2021/09/06 10:45
    【注目銘柄】半導体向け超純水製造装置受注期待で大幅高
    半導体向け超純水製造装置で韓国サムスン電子との関係が深く、新工場建設絡みで取り上げている。週末は菅首相の自民総裁選不出馬というサプライズがあり、政策期待で全面高となったこともあるが、野村マイクロ・サイエンスのパラボリック、三本新値が陽転し、先高感を強めている。韓国は政府主導で超純水装置開発を表明しているが、主要事業主体のCJKアライアンス自身が開発に成功しても事業化は難しいとの見解を示しており、(6370)栗田工業と野村マイクロ・サイエンスの優位性は変わるまい。

    株価は過去最高値の5420円に接近しているが、(6920)レーザーテックが過去最高値を大きく更新しており、半導体関連株はリスクオンムードとなっている。(8035)東京エレクトロンと同じく、FPD向けも回復してきたことで、利益の上振れ期待も出てきた。あまり話題にならないが、超純水はワクチン製造過程でも利用されており、世界トップ3として中期的な有望株といえる。
  • 2021/09/02 10:42
    【注目銘柄】超純水装置専業で、サムスン電子との関係が深く、新たな受注も期待
    半導体向け超純水製造装置は、(6370)栗田工業と野村マイクロ・サイエンスの存在感が大きい。半導体製品の洗浄や、半導体製造に使用する薬品の希釈用などには、高純度の超純水が必要で参入障壁は高い。旺盛な半導体設備投資需要を背景に世界のの半導体関連企業からの受注が大幅に増加している。特に韓国ではサムスン電子、SKハイニックスなどで日本企業2社が独占しており、ようやく政府主導で開発が進められているが、開発に成功しても事業化は難しいと見られている。

    野村マイクロ・サイエンスは超純水装置専業で、サムスン電子との取引も多い。サムスンは2兆円を投資してソウル近郊に半導体工場を新設する計画で、新たな受注も期待できよう。週足ベースでは右肩上がりの上昇トレンドを描いている。
  • 2021/05/26 15:49
    【注目銘柄】東証2部から東証1部銘柄に指定 6月2日
    野村マイクロ・サイエンスは、2021年5月26日、6月2日に東証2部から東証1部銘柄に指定されることになったと発表した。

    野村マイクロ・サイエンスの株価は5月17日の3215円を底に上昇しており、本日は15円高の3670円となっている。株価の上昇が継続するか、注目される。

    なお、5月12日発表の2021年3月期決算では、経常利益は104.1%の36億円、年間配当は33円から65円に増配した。旺盛な半導体設備投資需要増加に伴う水処理装置の好調や低採算案件の一巡などで増益となった。

    2022年3月期は1.1%減の35億円、年間配当は65円の維持を計画しており、業績、配当共に横ばいで推移する見通しとなっている。半導体業界はゲームや高性能パソコン、データセンター関連需要などが堅調に推移しているとするも、通常活動を前提に各種経費の増加を予想している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 8.57 RCI 9日 -98.33
13日 -81.87
ボリンジャーバンド +2σ 5743.36
-2σ 3823.78
ストキャススロー S%D 77.42
%D 40.84
ストキャスファースト %K 0
%D 40.84
ボリュームレシオ 14日 43.81
移動平均乖離率 25日 -0.06 サイコロジカル 12日 25

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (9月27日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方