株価予想

2931 ユーグレナ

2022年12月2日 株価
始値
900
高値
901
安値
882
終値
888
出来高
604,200
2931ユーグレナのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
910
予想安値
870

2931 ユーグレナの投資戦略

2931 ユーグレナの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

2931 ユーグレナのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

2931 ユーグレナの関連ニュース

  • 2022/11/15 10:32
    ユーグレナ由来原料100%燃料が石油由来の軽油と同等の性能
    ユーグレナは、微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)由来原料を100%使用した次世代バイオディーゼル燃料を試製し、いすゞが実施する性能実証試験において、ユーグレナ由来原料100%燃料が石油由来の軽油と同等の性能を有していることを確認した。両社は、2014年からユーグレナを原料とした次世代バイオディーゼル燃料の実用化を目指すため、共同研究契約を締結し、「DeuSEL(デューゼル)プロジェクト」として取り組んできた。

    バイオディーゼル燃料の製造は、主な原料として使用済み食用油が使用されているが、世界規模でのバイオ燃料需要の高まりにより、使用済み食用油の価格高騰や将来的な供給量不足といった問題が懸念されている。ユーグレナは耕作不適地での培養が可能であることや、食用油の原料となる植物よりも油脂生産の効率が高い。ユーグレナはバイオ燃料の実証製造プラントで、次世代バイオディーゼル・バイオジェット燃料を生産しているが、2025年末頃を目処に実証プラントの2000倍規模の生産能力をもつ大型商用プラントの建設を計画している。
  • 2022/08/10 16:08
    【決算】22年12月期Q2の経常利益は▲5.9億円
  • 2022/03/23 17:15
    【注目銘柄】商船三井ロジスティクスグループがサステオを用いたトラックの運行を開始
    ユーグレナは、2022年3月23日、2022年4月から商船三井ロジスティクスグループ会社のハーモニートランスポートが関東地方1都6県で運行する輸出入航空・海上貨物の国内集荷・配送用トラックに、ユーグレナのバイオディーゼル燃料「サステオ」を導入すると発表した。

    サステオは使用済み食用油とユーグレナ等を原料に使用する。燃料の燃焼段階ではCO2を排出するが、使用済み食用油の原料である植物とユーグレナが成長過程で光合成でCO2を吸収するため、実質的にはCO2排出量がプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルの実現に貢献することが期待されている。

    ユーグレナの株価は3.64%高の769円で推移している。
  • 2022/02/10 23:53
    【決算】21年12月期の経常利益は▲63億円
    ユーグレナの2021年12月期の経常利益は▲63億円となった。2022年12月期は決算期変更により15か月の変則決算となっている。

    セグメント別では、ヘルスケアの利益は▲31億円。キューサイの連結子会社化に伴う棚卸資産の費用化や無形資産・のれんの償却費の計上などが影響した。

    エネルギー・環境の利益は▲13億円。実証プラントの運転費用の計上などで赤字となっている。

    ユーグレナの株価は2%高の750円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 53.92 RCI 9日 7.92
13日 62.5
ボリンジャーバンド +2σ 923.2
-2σ 820.76
ストキャススロー S%D 67.99
%D 75.25
ストキャスファースト %K 31.48
%D 75.25
ボリュームレシオ 14日 52.54
移動平均乖離率 25日 -0.3 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (12月3日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方