注目銘柄

    決算 2021/2/4 20:50
    (9424) 日本通信 4-12月の経常利益は▲2.56億円 NTTドコモから音声卸料金を原価ベースで調達可能になり原価低減
    日本通信は、スマートフォンで安全な金融取引や契約締結を実現するフィンテックプラットフォーム「FPoS」の商用化を進めている。また、在宅勤務や在宅学習向け、基幹業務向けの安全な通信提供を強化する。経常利益はFPoS商用化に向けた取り組みで特許出願費用や認定取得のための弁護士費用などが増加し、2018年は▲4.95億円、2019年は▲4.95億円で推移した。

    2021年3月期の経常利益は、4-6月は▲1.97億円、4-9月は▲3.96億円、4-12月は▲2.56億円となった。音声卸料金でNTTドコモと合意し、原価ベースでの卸料金で調達可能になったことから原価低減などが寄与した。

株式情報更新 (4月22日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方