株価予想

9202 ANA HD

2022年1月21日 株価
始値
2,341
高値
2,448
安値
2,334
終値
2,448
出来高
4,825,700
9202ANA HDのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
2,700
予想安値
2,200

9202 ANA HDの投資戦略

9202 ANA HDの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

9202 ANA HDのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

9202 ANA HDの関連ニュース

  • 2021/10/29 20:44
    【決算】通期経常利益を50億円から▲1400億円に下方修正 新型コロナの影響が長期化
    ANAホールディングスは通期経常利益を50億円から▲1400億円に下方修正した。新型コロナ変異株の流行などで影響が長期化し、旅客需要が大きく減少した。

    また、2022年3月期第2四半期(4-9月)の経常利益は▲1155億円となった(前年は▲2686億円)。

    国内線の旅客収入は41.7%増の1118億円。新型コロナ感染者拡大に伴う緊急事態宣言が繰り返されたことなどが影響した。

    国際線の旅客収入は54.9%増の304億円。海外赴任・帰任を中心とするビジネス需要やアジア発北米行きの接続需要が回復を始めた。

    ANAホールディングスの株価は0.2%安の2653円で推移している。

  • 2021/10/27 10:00
    【注目銘柄】22年3月期の黒字転換に向けた正念場
    ANA HDの4-9月売上高は前年同期比5割増の4300億円ながら、営業損益は1100億円の赤字見通しと報じられている。国内線で15%減、国際線は80%減としていた7-9月の繁忙期に計画未達となったようだ。お盆や夏休み、東京五輪の無観客開催などが緊急事態宣言で水疱にきした。10月~2022年1月に国際線で25便を増便するとしているが、ワクチンパスポートの活用など不透明が部分が多く、原油高によるコスト上昇も懸念される。

    損益分岐点売上高はコロナ前と比べ3割減にあたる1700億円ほど引き下げており、旅客需要が戻れば米国航空会社のように黒字化が期待される。四半期ベースで2500億~3000億円程度の売上があれば、黒字転換が見えてくる。22年3月期の黒字転換に向けた正念場となりそうだ。
  • 2021/08/24 20:37
    【注目銘柄】CO2の再利用でSAFを製造
    東芝、東洋エンジニアリング、出光興産、全日本空輸などは、2021年8月24日、環境省地球環境局が公募した「令和3年度二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO2資源化検討事業」を提案し、採択されたと発表した。

    東芝エネルギーシステムズが実用規模のCO2電解装置のプロトタイプを製作し運転実証を実施。これを基に各社が持つ知見や技術、プラント設備などを活用。CO2の分離回収からSAFの製造、消費までの全工程を実証することを想定した基本計画を作成し、事業成立性を評価する。事業期間は2021年9月から2025年3月末まで。

    CO2を電解して得られるCOを化学合成すると、環境負荷の低い航空燃料を製造できることから、航空業界での脱炭炭素に共同で取り組む。

    東芝の株価は2.9%高の4580円、東洋エンジニアリングの株価は1.4%高の896円、出光興産の株価は1.5%高の2601円、ANAホールディングスの株価は2.8%高の2595円で推移している。
  • 2021/08/12 18:16
    【注目銘柄】新型コロナの影響で8月23日から9月30日に運休・減便を実施
    ANAホールディングスは、2021年8月12日、新型コロナウイルスの影響で8月23日から9月30日に6735便の運休・減便を実施すると発表した。これにより、この期間の運航率はコロナ前の計画である2020年度計画比67%となる。

    ANAホールディングスの株価は0.83%安の2620円で推移している。
  • 2021/07/30 15:26
    【決算】4-6月の経常利益は▲637億円(前年は▲1565億円)
    ANAホールディングスの2022年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益は▲637億円となった(前年は▲1565億円)。通期は50億円を計画している。

    国内線の旅客収入は123.5%増の502億円。新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言が繰り返されるも、新型コロナの影響を最も大きく受けた前年を上回った。

    国際線の旅客収入は36.5%増の129億円。海外赴任・帰任を中心とするビジネス需要の緩やかな回復やアジア発北米行きの接続需要の取込で前年を上回った。

    ANAホールディングスの株価は0.87%安の2563.5円で推移している。
  • 2021/07/30 07:15
    【注目銘柄】国内線予約状況 お盆期間は約5割に回復
    日本航空は、2021年7月29日、2021年度のお盆期間(8月6日~8月15日)の予約状況を発表し、国内線の予約は14.2%増の47万9593人となった。2019年度比では55.8%減となっている。

    また、ANAホールディングスは、31.3%増の63万377人となった。2019年度比では56%減となっている。

    日本航空の株価は0.95%安の2303円、ANAホールディングスの株価は1.32%安の2586円で推移している。
  • 2021/01/29 17:44
    【決算】4-12月の経常利益は赤字拡大 新型コロナ拡大で12月から需要減少
    ANAホールディングスの2021年3月期第3四半期(4-12月)の経常利益は▲3507億円となった。4-9月の▲2686億円から悪化した。通期は▲5000億円を計画している。

    国内線旅客の運航規模は4-6月の73.3%減から、7-9月は49.3%減、10-12月は38.6%減まで改善するも、12月からは新型コロナウイルスの感染者増加に伴い減少に転じている。

    国際線旅客の運航規模は、7-9月の84.4%減から、10-12月は81.4%減となった。一部の国からの入国規制緩和に伴う技能実習生・留学生や年末の日本人の里帰りなどの渡航需要があった。

    ANAホールディングスの株価は55円安の2220円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 66.67 RCI 9日 -17.08
13日 -11.13
ボリンジャーバンド +2σ 2805.53
-2σ 2102
ストキャススロー S%D 52.66
%D 47.89
ストキャスファースト %K 100
%D 47.89
ボリュームレシオ 14日 48.74
移動平均乖離率 25日 2.85 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (1月22日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方