株価予想

4689 Z HD

2022年9月29日 株価
始値
387
高値
390
安値
384
終値
387
出来高
22,287,000
4689Z HDのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
430
予想安値
350

4689 Z HDの投資戦略

4689 Z HDの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4689 Z HDのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4689 Z HDの関連ニュース

  • 2022/04/28 16:36
    【決算】22年3月期調整後EBITDAは3314億円 23年3月期は3315~3400億円を計画
  • 2022/02/02 16:10
    【上方修正】通期調整後EBITDAを3300億円以上に上方修正 広告事業が好調
    Zホールディングスは2022年3月期の調整後EBITDAを3030億円~3130億円から3300億円以上に上方修正した。広告事業の好調や費用改善・固定費減少などが寄与する見通し。

    また、2022年3月期第3四半期(4-12月)の調整後EBITDAは24.1%増の1765億円となった。

    セグメント別利益はメディア事業が77.4%増の2001億円、ZOZOやアスクルなどのコマース事業が12.2%減の1109億円となった。

    Zホールディングスの株価は5.99%高の613.6円で推移している。
  • 2022/01/27 10:20
    【注目銘柄】食料品や日用品のクイックコマース(即配サービス)を本格展開
    ヤフー、(2678)アスクルおよび(2484)出前館は、食料品や日用品のクイックコマース(即配サービス)「Yahoo!マート by ASKUL(Yahoo!マートへ名称変更)」を本格展開する。2022年度中に「Yahoo!マート」を都内23区全エリアに加え他の一部エリアへも拡大し、数十店舗規模の出店を目指す。アスクルが販売する食料品や日用品を中心とした約1500種の商品の中から選択し注文・決済すると、最短15分で商品を受け取ることができる。実証実験では、昨年10月から12月の2カ月で月間注文数が10倍に増加していた。

    出前館の配達員が専用倉庫で注文商品を受け取り、自転車やバイクでユーザー宅に配送する。コロナ禍でデリバリーニーズが高まっており、顧客ニーズは拡大しているが、楽天や韓国クーパンと激戦になりそうだ。
  • 2022/01/13 10:40
    【注目銘柄】ヤフー、居住地を全国に拡大できる人事制度「どこでもオフィス」を拡充
    傘下のヤフーが、通勤手段の制限を緩和し、居住地を全国に拡大できる人事制度「どこでもオフィス」を拡充する。「どこでもオフィス」は2014年に設けたリモートワーク制度で、約9割の社員がリモートワークを行っている。リモート環境でも仕事のパフォーマンスへの影響がないことことから、4月以降は日本国内であればどこでも居住できるようにする。月15万円までであれば飛行機や特急電車、高速バスでの通勤も可能になるという。

    「どこでもオフィス手当」を1000円増額し、毎月最大1万円の補助金を支給し、懇親会の飲食費用を、1人あたり5000円まで補助する制度も設ける。世間的にはオフィス回帰の動きもあるが、ヤフーはセキュリティが高く、社員のスキルも高いことで実現できる制度。
  • 2021/11/02 20:49
    【決算】中間期調整後EBITDAは23.1%増 ワイジェイFXの株式売却も寄与
    Zホールディングスの2022年3月期第2四半期(4-9月)の調整後EBITDAは23.1%増の1871億円となった。通期は2.8%増~6.2%増の3030億円~3130億円を計画しており、進捗率は61.7%~59.7%となっている。

    LINEの連結子会社化や広告需要の回復、ZOZOやアスクルなどのコマース事業の堅調が寄与。ワイジェイFXの株式売却もあり、好調に推移している。

    セグメント別調整後EBITDAは、メディア事業が76.4%増の1277億円、コマース事業が11.7%減の714億円となった。

    Zホールディングスの株価は2%高の733.2円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 22.45 RCI 9日 -97.08
13日 -89.29
ボリンジャーバンド +2σ 473.62
-2σ 379.34
ストキャススロー S%D 40.34
%D 13.56
ストキャスファースト %K 0
%D 13.56
ボリュームレシオ 14日 38.37
移動平均乖離率 25日 -5.2 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (9月30日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方