株価予想

4523 エーザイ

2020年10月21日 株価
始値
8,590
高値
8,603
安値
8,518
終値
8,570
出来高
452,500
4523エーザイのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 割安 トレンド分析 下降
予想高値
9,000
予想安値
8,200

4523 エーザイの投資戦略

4523 エーザイの株価は、オシレーター系指標では割安圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、様子見ゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4523 エーザイのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4523 エーザイの関連ニュース

  • 2020/10/06 15:01
    【注目銘柄】新型コロナウイルス治療薬の開発を目指し非臨床研究活動を開始
    エーザイは、2020年10月6日、エーザイを代表機関とする研究開発プロジェクト「新型コロナウイルス感染症の重症化を阻止する治療薬の開発」がAMEDの公募事業に採択され、4つの分担機関とともに共同研究を開始したと発表した。

    新型コロナウイルス感染非臨床動物モデルの構築と治験実績のあるTLR4拮抗剤エリトランと抗FKN抗体E6011の薬効評価を行う。また、新型コロナウイルス患者由来の臨床サンプルを用いたバイオマーカー探索を推進する。

    新型コロナウイルスの重症化メカニズムの解明と重症化を未然に防ぐ薬剤の創出を目指す。

    エーザイの株価は69円高の9762円で推移している。
  • 2020/08/08 13:57
    【注目銘柄】「アデュカヌマブ」 生物製剤ライセンス申請が米FDAに受理
    エーザイは、2020年8月7日、バイオジェンと開発する認知症治療薬「アデュカヌマブ」で生物製剤ライセンス申請が米FDAに受理されたと発表した。優先審査の指定を受け、審査終了目標日は2021年3月7日に定められた。

    また、FDAは迅速審査のもと、可能であれば早期に審査を完了する予定と述べたとしている。

    エーザイの株価は88円高の8626円で推移している。
  • 2020/08/03 20:42
    【決算】4-6月の営業利益は24.4%増 「レンビマ」が好調
    エーザイの2021年3月期第1四半期(4-6月)の営業利益は24.4%増の321億円となった。通期は29.9%減の880億円を計画しており、進捗率は36.4%となっている。抗がん剤「レンビマ」の大幅伸長などが寄与した。

    エーザイの株価は290円高の8777円で推移している。
  • 2020/07/09 07:40
    【注目銘柄】認知症治療薬「アデュカヌマブ」米FDAへ生物製剤ライセンス申請を完了
    エーザイは、2020年7月8日、バイオジェンと開発する認知症治療薬「アデュカヌマブ」で米FDAへの生物製剤ライセンス申請の提出が完了したと発表した。FDAは60日以内に申請の受理を判断する。受理された場合、優先審査指定の結果についても通知が予想されるとしている。その後、FDAによるアデュカヌマブの承認申請の審査が行われる。

    「アデュカヌマブ」は認知症の進行を遅らせる効果があるとされ、実用化が期待されている。

    エーザイの株価は41円高の8535円で推移している。
  • 2020/07/01 11:09
    【注目銘柄】米社と共同で新型コロナウイルスの治療薬開発で臨床試験を実施
    エーザイと米GCARは、2020年7月1日、米UPMCと共同で新型コロナウイルスによる入院患者に対する複数の治療薬効果を確認する革新的アダプティブティブプラットフォーム臨床試験を実施すると発表した。エーザイ創出のTLR4拮抗薬「エリトラン」が免疫調整法としての最初の評価対象治験薬に選定。中程度の新型コロナウイルス感染症患者に対する有効性が評価される。

    アダプティブプラットフォーム臨床試験は、より有効性が高いと予想される治療群への割付比率をアダプティブに変えることが可能な臨床試験デザイン。UPMCヘルスシステム下の病院や米国内の複数の医療センターで実施され、今後、日本を含むグローバルな臨床試験ネットワークの臨床試験サイトにも実施施設を拡大する予定としている。

    「エリトラン」は、様々な炎症誘発性メディエータの過剰産生と放出によって引き起こされるサイトカインストームを抑制し、新型コロナウイルス患者の肺や他の臓器の損傷から保護することが期待されるとしている。

    エーザイの株価は106円高の8652円で推移している。
  • 2020/05/14 07:02
    【注目銘柄】重症敗血症治療薬「エリトラン」について、新型コロナウイルス感染症に対する効果判定の臨床試験を実施
    重症敗血症治療剤として開発したものの、主要評価項目を達成できず、2011年に開発を中止した重症敗血症治療薬「エリトラン」について、新型コロナウイルス感染症に効果があるかどうか臨床試験を実施する。6月にも治験を始め、順調なら年末に結果が判明する。対象は入院している重症患者で、過剰な免疫反応「サイトカインストーム」を抑える作用を確認する。新型コロナでは免疫暴走による呼吸障害が確認されており、治療効果が期待される。新型コロナ治療薬開発の国際ネットワークに参画し、世界で400人規模の治験を実施する。

    エーザイはビル&メリンダ・ゲイツ財団とスイスのノバルティスが立ち上げた新型コロナウイルス感染症のコンソーシアムに参画している。米ファイザー、米ギリアド、米イーライリリー、仏サノフィなど世界大手15社で有望な治療薬やワクチン開発を目指している。
  • 2020/05/13 13:01
    【決算】20年3月期営業利益は45.7%増 21年3月期は29.9%減 先行投資の年
    エーザイの2020年3月期営業利益は45.7%増の1255億円となった。主に「レンビマ」の大幅伸長や米メルクからの戦略的提携による特定のオプション権に対する一時金及びマイルストンペイメントの計上などが寄与した。

    2021年3月期は29.9%減の880億円を計画する。2020年度は中長期的な企業価値向上に向けた先行投資の年と位置付け。次世代認知症治療薬やアンメット・メディカル・ニーズの高いがん腫を標的とした「レンビマ」と「キイトルーダ」の併用療法の開発に積極投資。次世代認知症治療薬における患者貢献への準備や「デエビゴ」の日米での上市、デジタルトランスフォーメーション実現に向けた投資を実施し、減益を見込む。

    新型コロナウイルスの影響では、通期売上収益に3%程度のマイナス要因を織り込む。販売管理費の低減なども見込まれるため、営業利益における影響は軽微と見込むとしている。

    エーザイの株価は68円安の7469円で推移している。
  • 2020/03/23 09:16
    【注目銘柄】エーザイ創出の「ER-000582865」でライセンス契約を締結
    ジーエヌアイグループは、2020年3月23日、エーザイが創出したエンドセリンA受容体選択的拮抗薬「ER-000582865」で中国での医薬品として研究・開発・販売するために必要な知的財産権の独占的実施許諾に関するライセンス契約を締結したと発表した。ジーエヌアイはER-000582865の肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬としての開発・販売権と将来的な腎疾患治療薬としての開発・販売に関するオプション権を有する。

    ER-000582865は、PAH病態におけるエンドセリンの作用を遮断することで治療効果を示すことが期待される。

    PAHの世界市場規模は2019年は63億ドル(約6930億円)とされ、年平均5.6%で成長し、2027年までに63億ドル(約1兆780億円)となると推計されている。

    ジーエヌアイグループの株価は49円高の1091円で推移している。
  • 2019/10/30 12:54
    【上方修正】通期営業利益を6.8%上方修正 株価も上昇
    エーザイは通期営業利益を1030億円から1100億円と6.8%上方修正した。「レンビマ」が中国をはじめ順調に成長。グローバル品の成長による品目構成の変化から原価率の改善などが寄与した。

    エーザイの株価は238円高の8228円で推移している。

オシレータ分析

割安

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 10.69 RCI 9日 -90
13日 -95.6
ボリンジャーバンド +2σ 9939.37
-2σ 8721.19
ストキャススロー S%D 22.19
%D 3.25
ストキャスファースト %K 2.19
%D 3.25
ボリュームレシオ 14日 25.1
移動平均乖離率 25日 -7.78 サイコロジカル 12日 25

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方