株価予想

3962 チェンジ

2020年12月2日 株価
始値
8,440
高値
8,440
安値
8,180
終値
8,350
出来高
735,300
3962チェンジのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
9,800
予想安値
6,900

3962 チェンジの投資戦略

3962 チェンジの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

3962 チェンジのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

3962 チェンジの関連ニュース

  • 2020/11/16 07:46
    【注目銘柄】ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」が好調
    前9月期売上は65.8%増の116億円、営業利益は3.3倍の36億円、純利益は4倍の15億円となった。ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」などのパブリック事業の利益は378.6%増の41億円。事業者・生産者支援や医療支援、地域経済の活性化など様々なテーマでコロナ対策の取組支援が奏功した。DXを推進する人材育成やデジタル化プロジェクトなどのNEW-ITトランスフォーメーション事業の利益は23.4%減の6億円。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の自粛や停滞によるマイナス影響が生じた。

    21年9月期売上は35%増の157億円が最低線、営業利益も29.6%増の47億円、純利益も89.2増の29億円を最低線に設定した。12月31日を基準日に1株を2株へ分割する。自治体向けビジネスの最右翼で市場の評価は高いが、高値警戒感もあり、高水準の信用残には注意しておきたい。
  • 2020/11/13 16:02
    【決算】20年9月期の経常利益は278.5%増 21年9月期は28.9%増~42.7%増を計画
    チェンジの2020年9月期の経常利益は278.5%増の36億円となった。

    セグメント別では、DXを推進する人材育成やデジタル化プロジェクトなどのNEW-ITトランスフォーメーション事業の利益は23.4%減の6.02億円。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の自粛や停滞によるマイナス影響が生じた。

    ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」などのパブリック事業の利益は378.6%増の41億円。事業者・生産者支援や医療支援、地域経済の活性化など様々なテーマでコロナ対策の取組支援が奏功した。

    2021年9月期は28.9%増~42.7%増の46億円~51億円を計画する。NEW-ITトランスフォーメーション事業ではデジタル人材育成を始めとした様々なデジタル化のニーズを捉えるサービスの拡充を進める。パブリック事業では主力のふるさと納税事業の伸長と公共部門のデジタル化サービスを加速。エネルギー事業や地域通貨事業の新たな取り組みなどを進める。

    チェンジの株価は30円高の9370円で推移している。
  • 2020/11/13 15:52
    【株式分割】1株→2株に株式分割 基準日は2020年12月31日
  • 2020/10/06 08:22
    【業務提携】トヨタファイナンスと地域活性化に向けたデジタル行政の取り組みで業務提携
    チェンジ子会社のトラストバンクが、トヨタファイナンスと地域活性化に向けたデジタル行政の取り組みにおける業務提携を締結した。トラストバンクが有するデジタル地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」を提供し、トヨタファイナンスは各地域の加盟店網、及びキャッシュレスによる精算スキームにより、自治体の地域通貨導入の活性化と運用管理の効率化を図る。

    トラストバンクはふるさと納税事業に加えて、デジタル行政を推進する「パブリテック事業」を通じて、全国1788自治体のうち8割を超える1570の自治体とネットワークを形成している。ふるさと納税サイトの「ふるさとチョイス」の契約自治体は1570団体となっており、トヨタファイナンスは、トヨタグループ国内唯一の金融会社で、全国のトヨタ販売店を通じて、自動車販売金融やスマホ決済サービスを提供している。チェンジの株価は大きく調整したが、トヨタ系との提携で再人気化が注目される。
  • 2020/09/17 08:49
    【注目銘柄】地方銀行向けDX(デジタルトランスフォーメーション)支援を本格展開
    子会社トラストバンクで運営するふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」が、コロナ対策のプロジェクトが多数企画され、取り扱い寄付額が想定以上で8月に上方修正していた。トラストバンクは完全子会社化し、ふるさと納税の業務を通じて全国の地銀とネットワークを張り巡らせたことから、地方銀行向けDX(デジタルトランスフォーメーション)支援を本格展開する。クラウドファンディングなどで、地銀の新たな収益源の獲得を支援し、将来的には地銀を横断したプラットフォームを構築することを目指す。

    地銀が十分な収益を上げられないのは、DXを推進するパートナーが不在で、業務系・勘定系のシステム開発に携わってきたIT企業では役不足と見ている。とんでもない高値圏となっているが、無い物ねだりで買いが続いている。
  • 2020/09/16 13:13
    【注目銘柄】サイバー脅威の予測プラットフォームの米サイバーコンとパートナー契約
    チェンジは、2020年9月16日、米サイバーコンとパートナー契約を締結したと発表した。サイバーコンは、AIアルゴリズムでSNSやダークウェブなど様々なソースからハッカーの行動を収集・分析し、企業へのサイバー脅威の予測プラットフォームを提供している。パートナー契約を締結し、共同で日本市場向けサービスの展開を開始する。

    チェンジの株価は880円高の10400円で推移している。
  • 2020/09/07 20:25
    【注目銘柄】地方銀行向けのDX支援を本格展開
    チェンジは、2020年9月7日、地方銀行のビジネスモデルを拡充し、新たな収益源を獲得するためのDX(デジタルトランスフォーメーション)支援サービスを本格展開すると発表した。

    個別の地方銀行向けにクラウドファンディングやeC/D2Cなど、新型コロナウイルスの環境下で成長した市場での事業機会を獲得するためのサービスを展開する。将来的には地銀を横断したプラットフォームの構築につなげる計画。

    チェンジの株価は180円安の8220円で推移している。
  • 2020/08/13 08:47
    【上方修正】ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」が想定以上
    子会社でふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営するチェンジの第3四半期にあたる10-6月売上は64.4%増の87億円、営業利益は4倍の32億円、純利益は5倍の14億円となった。全国の自治体を支援するクラウドファンディングや業務アプリが好調で、通期売上を105億円から110億円、営業利益を26億円から34億円、純利益を10億円から14億円へ上方修正した。

    「ふるさとチョイス」でコロナ対策のプロジェクトが多数企画され、取り扱い寄付額が想定以上となっている。コロナ以前は運輸業や小売業が中心だったが、自治体や金融業に傾注したことでIT案件も増えている。会社側は極めて保守的な業績予想としており、さらなる上積みも示唆している。なお「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクは、株式交換により完全子会社化する。
  • 2020/08/12 15:30
    【上方修正】通期経常利益を29.8%上方修正 10-6月は377.5%増 「ふるさとチョイス」が好調
    チェンジは通期経常利益を26.23億円から34.05億円と29.8%上方修正した。ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」での取り扱い寄附額が想定以上で推移するなと好調に推移している。

    また、2020年9月期第3四半期(10-6月)の経常利益は377.5%増の32億円となった。

    セグメント別では、DXを推進する人材育成やデジタル化プロジェクトなどのNEW-ITトランスフォーメーション事業の利益は23%減の4.49億円。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の自粛・停滞によるマイナス影響が生じた。

    ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」などのパブリテック事業の利益は504.3%増の36億円。事業者・生産者支援や医療支援、地域経済の活性化など様々なテーマでコロナ対策の取組支援が奏功し、大きく伸長した。

    チェンジの株価は80円安の8900円で推移している。
  • 2020/07/29 16:01
    【注目銘柄】10-6月の決算速報値 経常利益は381.7%増
    チェンジは2020年9月期第3四半期(10-6月)の決算速報値を発表し、経常利益は381.7%増の33億円となる見通し。ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」の取扱い寄附額が順調に伸長したことが寄与した。

    第3四半期の決算発表は8月12日を予定している。また、業績予想の上方修正ができる見込みとしている。

    チェンジの株価は50円安の8420円で推移している。
  • 2020/07/14 12:06
    【株式分割】1株→2株に株式分割 基準日は8月31日
  • 2020/06/24 13:25
    【注目銘柄】テレワークにおける生産性測定に向けたデータ解析サービスを開始
    チェンジは、2020年6月24日、テレワークにおける生産性測定に向けたデータ解析サービスを開始すると発表した。これまで小売業などの店舗型ビジネスを対象に提供してきた生産性測定のためのビッグデータ解析サービスをテレワークに応用。勤怠・会計・プロジェクト管理などの各種データを解析し、一人ひとりの働きを見える化し、主に情報通信業界を対象としたサービス提供を開始する。

    チェンジの株価は570円高の7700円で推移している。
  • 2020/05/15 20:13
    【決算】中間期経常利益は521.8%増 新型コロナでふるさと納税の活用増
    チェンジの2020年9月期(10-3月)の経常利益は521.8%増の26億円となった。通期は173.3%増の26億円を計画している。ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」での取り扱い寄附額が想定以上で推移するなど好調に推移している。

    セグメント別では、DXを推進する人材育成やデジタル化プロジェクトなどのNEW-ITトランスフォーメーション事業の利益は10.3%減の2.63億円。新型コロナウイルスの影響で検収延期や集合研修でも延期や中止が発生したことなどが影響した。

    ふるさと納税プラットフォーム「ふるさとチョイス」などのパブリテック事業の利益は574.9%増の28億円。新型コロナウイルスへの対策プロジェクトや影響を受けている人々への支援等でふるさと納税の仕組みを活用する動きが出ている。

    チェンジの株価は65円安の3990円で推移している。
  • 2020/04/16 12:55
    【注目銘柄】集合研修をオンラインに全面移行するためのソリューションパッケージを提供開始
    チェンジは、2020年4月16日、教育事業者・人材育成担当者向けに、集合研修を遠隔実施(オンライン化)に全面移行するためのソリューションパッケージの提供を開始すると発表した。

    新型コロナウイルスの影響で、企業における集合研修の大半が「密集・密接・密閉」の環境で実施されることから、スケジュールの変更や中止となっている。そのため、集合型で実施していた研修をオンラインで提供するためのITツールの選定や調達、カリキュラム設計など各種支援サービスを一括で提供する。

    チェンジの株価は240円高の3630円で推移している。
  • 2020/04/08 15:24
    【注目銘柄】在宅勤務に早期移行が必要な企業向けに「在宅勤務立ち上げ総合パッケージ」を提供開始
    チェンジは、2020年4月8日、7都府県を対象に発出された緊急事態宣言を受け、在宅勤務に迅速に移行すべき状況になった企業向けの「在宅勤務立ち上げ統合パッケージ」の提供を開始すると発表した。助成金の活用から社内の就業規則の改定に至るまで、社会保険労務士とコラボレーションしてサービスを提供。社内のコミュニケーションインフラを最新のサービスに刷新する。

    チェンジの株価は159円高の2870円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 51.09 RCI 9日 8.75
13日 -53.16
ボリンジャーバンド +2σ 10795.07
-2σ 7108.19
ストキャススロー S%D 25.96
%D 16.84
ストキャスファースト %K 90.16
%D 16.84
ボリュームレシオ 14日 48.41
移動平均乖離率 25日 -2.79 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方