株テーマ:チタン酸バリウムの関連銘柄

MLCC(積層セラミックコンデンサ)の材料は、四塩化チタンを石原産業で製造し、富士チタンがチタン酸バリウムとして製品化し、村田製作所をはじめとするMLCCメーカーに提供している。チタン酸バリウムはいくつかの製造法があるが、富士チタンの蓚酸(シュウ酸)法では、結晶性に優れているため、静電容量・温度特性の両方が求められる自動車のECU(電子制御ユニット)に用いられるMLCCに適している。

MLCCは、薄い誘電体の層の上に電極を印刷し、それを積み重ねて作るが、1層は薄いものでわずか300nmで1000層以上の製品もある。その特性を大きく左右するのが材料の性能で、MLCCの誘電体材料であるチタン酸バリウムは、酸化チタンと炭酸バリウムを合成してつくる。


日本化学工業もチタン酸バリウムの代表的メーカーで、2019年11月に山口県徳山工場で新生産棟の建設に着手しており、2021年春の竣工を目指している。MLCCは自動車の電装化やEV化により需要が急増し、5G基地局やIoTデバイスでも不可欠な製品となっている。生産法は石原産業と同じシュウ酸塩法で、新棟完成後も需要増に応えるため、段階的な設備増強が出来るようにしており、2018年比で70-80%の生産能力向上を目指している。

太陽誘電は、八幡原工場(群馬県高崎市)にMLCC(積層セラミックコンデンサ)の原材料であるチタン酸バリウムを製造する新材料棟を建設する。投資額は50億円で、21年9月に着工、22年12月の完工を目指す。


・チタン酸バリウム・四塩化チタン
4028石原産業
4092日本化学工業
6976太陽誘電

・水熱合成法チタン酸バリウム
4078堺化学工業

・湿式合成法チタン酸バリウム
4100戸田工業

チタン酸バリウム 関連銘柄

チタン酸バリウム 関連テーマ

MLCC(積層セラミックコンデンサ)
MLCCの登場で搭載件数が飛躍的に増加 チタン酸バリウム

株式情報更新 (12月1日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方