株価予想

6521 オキサイド

2022年1月28日 株価
始値
4,525
高値
4,535
安値
4,350
終値
4,445
出来高
106,200
6521オキサイドのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 割安 トレンド分析 下降
予想高値
5,800
予想安値
3,100

6521 オキサイドの投資戦略

6521 オキサイドの株価は、オシレーター系指標では割安圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、様子見ゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6521 オキサイドのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6521 オキサイドの関連ニュース

  • 2021/06/24 16:39
    【注目銘柄】紫外フェムト秒レーザーの国内販売を開始 有機ELやマイクロLED等のディスプレイ製造プロセスなど様々な分野での応用に期待
    オキサイドは、2021年6月24日、デンマークのNKT Photonicsと共同開発した紫外フェムト秒レーザ「OneFive ORIGAMI03XP-3P」を2021年6月30日から国内で販売を開始すると発表した。

    「OneFive ORIGAMI03XO-3P」は、NKT Photonicsの赤外フォムト秒レーザーとオキサイドの高信頼性波長変換モジュールを搭載した紫外フェムト秒レーザ。有機ELやマイクロLED等のディスプレイ製造プロセスや電子デバイス用フレキシブルプリント基板加工、ステント等医療用デバイスの製造など、様々な分野での微細加工用レーザとしての応用が期待されるとしている。

    なお、この製品が今後3年間の業績に与える影響は軽微としている。今後は、超短パルスUVレーザの製品ラインアップ拡充を目的に、オキサイドの単結晶技術の強みを活かせる深紫外フェムト秒レーザの開発を進める。

    オキサイドの株価は、6月18日に、半導体材料である窒化ガリウム(GaN)薄膜単結晶の成長に適した新材料単結晶基盤「SAM」のサンプル出荷を開始すると発表してから上昇が継続している。本日は2.96%安の8850円で推移している。
  • 2021/06/18 17:16
    【注目銘柄】窒化ガリウム薄膜単結晶の成長に適した新材料単結晶基板「SAM」のサンプル出荷を開始
    オキサイドは、2021年6月18日、半導体材料である窒化ガリウム(GaN)薄膜単結晶の成長に適した新材料単結晶基板「SAM」のサンプル出荷を開始すると発表した。サンプル出荷は、2021年6月30日に開始される。

    「SAM」は、窒化ガリウムの製造で一般的に使用されるサファイアと比較し、格子定数及び熱膨張率のミスマッチが小さく、従来よりも高性能な窒化ガリウムの実現が期待できるとしている。

    今後は、窒化ガリウムデバイス製造・開発メーカーに基板供給を図りながら、平行して基板材料の大口径化を進めることを予定する。サンプル出荷を新たな受注開発への糸口と位置付けており、事業拡大の見通しが立った時点から、量産化へ向けての開発を加速させる方針。

    オキサイドの株価は6月中旬から上昇が続いており、本日は1.99%安の7880円で推移している。窒化ガリウムは現在旬なテーマであることから、今後の展開に注目しておきたい。

    なお、オキサイドの経常利益は2019年度は1.04億円、2020年度は3.22億円。今期は4.17億円を計画しており、成長も期待される。

オシレータ分析

割安

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 21.14 RCI 9日 -96.67
13日 -96.7
ボリンジャーバンド +2σ 8987.93
-2σ 4741.68
ストキャススロー S%D 7.62
%D 2.64
ストキャスファースト %K 0
%D 2.64
ボリュームレシオ 14日 27.7
移動平均乖離率 25日 -27.37 サイコロジカル 12日 25

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (1月28日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方