株価予想

4661 オリエンタルランド

2021年8月5日 株価
始値
14,950
高値
15,045
安値
14,910
終値
14,950
出来高
456,200
4661オリエンタルランドのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
16,000
予想安値
14,000

4661 オリエンタルランドの投資戦略

4661 オリエンタルランドの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4661 オリエンタルランドのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4661 オリエンタルランドの関連ニュース

  • 2021/07/29 16:13
    【決算】4-6月の経常利益は▲82億円(前年は▲152億円) 入園者制限も損失改善
    オリエンタルランドの2022年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益は▲82億円となった。前年の▲152億円から改善した。入園者数を制限して運営を行うも、前年同期にはテーマパークが臨時休園していたことから損失が改善した。

    セグメント別営業利益では、テーマパークが▲75億円(前年は▲114億円)、ホテルは▲8億円(前年は▲31億円)となった。

    オリエンタルランドの株価は1.27%安の15205円で推移している。
  • 2021/01/28 19:23
    【決算】4-12月の経常利益は▲218億円 4-9月の▲247億円からは改善
    オリエンタルランドの2021年3月期第3四半期(4-12月)の経常利益は▲218億円となった。4-9月の▲247億円から改善した。通期は▲538億円を計画している。入園者数の制限を継続していることなどが影響した。一方、ゲスト1人あたりの売上高は増加した。

    セグメント別営業利益では、テーマパークが▲183億円で4-9月の▲193億円から改善。ホテルが特別損失への振替などで▲3億円となった(4-9月は▲36億円)。

    オリエンタルランドの株価は160円高の16135円で推移している。
  • 2020/12/23 07:40
    【注目銘柄】21年3月20日からチケットの変動価格制を導入
    オリエンタルランドは、2020年12月22日、2021年3月20日の入園分チケットから変動価格制を導入すると発表した。時期や曜日ごとに異なるチケット価格が設定され、大人の1デーパスポートは8200円から8700円となる。入園者数の繁閑差を平準化することで満足度を高める。

    オリエンタルランドの株価は395円安の16250円で推移している。
  • 2020/10/29 16:12
    【注目銘柄】中間期経常利益は▲247億円 通期は▲538億円を計画
    オリエンタルランドの2021年3月期第2四半期(4-9月)の経常利益は▲247億円となった(前期は620億円)。臨時休園や入園者数を制限したことが影響した。

    セグメント別営業利益では、テーマパークが▲193億円(前期は499億円)、ホテルが▲36億円(前期は90億円)となった。

    また、通期業績予想を発表し、経常利益は▲538億円とした。第3四半期以降も引き続き入園者数を制限して運営することから減収減益となる見通し。

    オリエンタルランドの株価は210円安の15230円で推移している。
  • 2020/09/18 08:36
    【注目銘柄】大規模開発エリア 9月28日にオープン
    オリエンタルランドは、2020年9月17日、大規模開発エリアを9月28日にオープンすると発表した。映画「美女と野獣」をテーマとしたエリアや「ベイマックスのハッピーライド」など新しいアトラクションなどを導入する。

    当面の間は、新施設の利用人数の制限などを実施し、慎重に運営するとしている。

    オリエンタルランドの株価は30円安の14780円で推移している。
  • 2020/09/15 08:23
    【注目銘柄】東京ディズニーリゾートのイベント縮小で、人員削減
    東京ディズニーリゾートのイベント縮小で、仕事のないダンサー1000人に対して、配置転換や退職を要求。4000人の正社員と嘱託社員には冬の賞与を7割削減するなど、苦境が浮き彫りになっている。アルバイトに対しても8割を支払ってきた休業補償を6割に減額、役員賞与も追加削減に踏み切るようだ。大規模なイベントは21年3月まで中止となっており、事業環境は厳しい。イベント再開時には復職の可能性もあるが、大量の人員削減はサービスの低下にも繋がるため、苦渋の選択と見られる。

    昨日はモルガン・スタンレー証券が投資評価を中立からアンダーウェイトに引き下げ、目標株価も14300円から9700円に引き下げていた。インバウンドが復活しないと、抜本的な復活は出来ないとの見立てで、回復期待が後退している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 38.51 RCI 9日 -82.92
13日 -72.39
ボリンジャーバンド +2σ 17005.79
-2σ 14879.79
ストキャススロー S%D 17.02
%D 17.96
ストキャスファースト %K 0
%D 17.96
ボリュームレシオ 14日 32.71
移動平均乖離率 25日 -4.24 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (8月6日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方