株価予想

4661 オリエンタルランド

2022年5月23日 株価
始値
18,640
高値
18,990
安値
18,505
終値
18,715
出来高
1,398,500
4661オリエンタルランドのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
22,000
予想安値
15,000
みんなの予想
上がる
80%
下がる
20%
平均予想株価
18,810円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

4661 オリエンタルランドの投資戦略

4661 オリエンタルランドの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4661 オリエンタルランドのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4661 オリエンタルランドの関連ニュース

  • 2022/05/16 10:03
    新サービス「ディズニー・プレミアアクセス」を導入
    オリエンタルランドは、2022年5月13日、新サービス「ディズニー・プレミアアクセス」を2022年5月19日から導入すると発表した。

    パーク入園後に東京ディズニーリゾート・アプリから体験したい施設を時間指定で予約し、短い待ち時間で体験できる有料サービス。対象は東京ディズニーランドでは「美女と野獣 魔法のものがたり」、東京ディズニーシーでは「ソアリン:ファンタスティック・フライト」で、価格は1施設1回2000円としている。

    オリエンタルランドの株価は5.87%高の18230円で推移している。
  • 2022/04/27 17:11
    【決算】22年3月期経常利益は112億円 23年3月期は506億円を計画 外部環境改善でテーマパーク入園者が増加する見込み
  • 2022/03/01 07:32
    【注目銘柄】入場制限緩和 収容率の50%を超えない範囲内で段階的に引き上げ
  • 2022/01/28 16:45
    【上方修正】通期経常利益を▲228億円から▲62億円に上方修正 入園者が想定以上
    オリエンタルランドは2022年3月期の経常利益を▲228億円から▲62億円に上方修正した。11月末まで入園者を制限し、12月以降から上限を引き上げる計画だったが、10月25日から入園者の上限を段階的に引き上げてパーク運営を行ったことから入園者が想定を上回った。

    また、2022年3月期第3四半期(4-12月)の経常利益は▲0.15億円となった(前年は▲218億円)。

    セグメント別営業利益では、テーマパークが▲51億円(前年は▲183億円)、ホテルは43億円(前年は▲3億円)と黒字転換した。

    オリエンタルランドの株価は2.18%高の18780円で推移している。
  • 2022/01/21 09:55
     まん延防止適用で入場制限 1日2万人 1月21日~2月13日
  • 2021/10/28 20:34
    【決算】22年3月期経常利益を▲228億円に 入園者を段階的に引き上げ見通し
    オリエンタルランドは未定としていた2022年3月期の業績予想を発表し、経常利益を▲228億円とした。(前年は▲492億円)。第3四半期以降、入園者数を段階的に引き上げることから損失が改善していく見通し。現時点では1日の収容人数を大幅に制限して運営を行う見込みとしている。

    また、2022年3月期第2四半期(4-9月)の経常利益は▲185億円となった(前年は▲247億円)。入園者数を制限して運営を行うも、前年同期にはテーマパークが臨時休園していたことから損失が改善した。

    セグメント別営業利益では、テーマパークが▲180億円(前年は▲193億円)、ホテルは▲5億円(前年は▲36億円)となった。

    オリエンタルランドの株価は1.2%安の17940円で推移している。
  • 2021/10/21 15:02
    【注目銘柄】ディズニーランド・シー 営業時間を延長へ
    オリエンタルランドは、2021年10月21日、11月1日以降の営業時間を変更すると発表した。東京ディズニーランドは10時~17時から9時から20時に、東京ディズニーシーは10時~17時から9時から21時にする。

    入園者数は段階的に引き上げるが、当面の間は入場者数を制限した運営を行うとしている。また、現在休止中のディズニーランドでの夜のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」も11月1日から再開する。

    オリエンタルランドの株価は0.22%高の17955円で推移している。
  • 2021/08/27 07:11
    【注目銘柄】普通社債で500億円調達 設備投資に充当
    オリエンタルランドは、2021年8月26日、普通社債で500億円を調達すると発表した。新型コロナウイルスの影響で入園者の制限が続くなど、厳しい状態が続くが、社債発行で資金を調達し、パーク拡張工事などの設備投資に充当する。

    オリエンタルランドの株価は0.34%高の16460円で推移している。
  • 2021/07/29 16:13
    【決算】4-6月の経常利益は▲82億円(前年は▲152億円) 入園者制限も損失改善
    オリエンタルランドの2022年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益は▲82億円となった。前年の▲152億円から改善した。入園者数を制限して運営を行うも、前年同期にはテーマパークが臨時休園していたことから損失が改善した。

    セグメント別営業利益では、テーマパークが▲75億円(前年は▲114億円)、ホテルは▲8億円(前年は▲31億円)となった。

    オリエンタルランドの株価は1.27%安の15205円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 70.78 RCI 9日 87.92
13日 10.3
ボリンジャーバンド +2σ 26012.35
-2σ 16985
ストキャススロー S%D 11.65
%D 31.45
ストキャスファースト %K 100
%D 31.45
ボリュームレシオ 14日 39.07
移動平均乖離率 25日 -6.77 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (5月23日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方