株価予想

4480 メドレー

2021年12月3日 株価
始値
2,607
高値
2,655
安値
2,581
終値
2,621
出来高
312,900
4480メドレーのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 割安 トレンド分析 下降
予想高値
3,400
予想安値
1,800

4480 メドレーの投資戦略

4480 メドレーの株価は、オシレーター系指標では割安圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、様子見ゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4480 メドレーのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4480 メドレーの関連ニュース

  • 2021/10/25 10:40
    【注目銘柄】NTTドコモとオンライン診療アプリの共同運営を加速
    メドレーは、NTTドコモとオンライン診療アプリの共同運営の準備を進めているが、オンライン診療等の機能を活用した患者ユーザー向け新サービスの早期開始を目的として、両社共同でミナカラ社の全株式を取得する。両社は4月に資本業務提携しており、9月より新型コロナ自宅療養者へのオンライン診療システムの無償提供を行い、dアカウントユーザーがシームレスにオンライン診療・服薬指導を利用可能にするオンライン診療アプリの共同運営を11月以降に開始する予定となっている。

    ミナカラ社は、薬剤師による相談対応や市販薬のネット販売を展開している。ミナカラ社全株式の85.1%をドコモが、14.9%をメドレーが取得し、32億円の第三者割当増資や12億円のCBも引き受け、メドレーの持分法適用関連会社とする。患者の医療活用支援を行う事業開発を加速する。
  • 2021/08/21 08:21
    【注目銘柄】新型コロナ自宅療養者が速やかにオンライン診療を実施するためのシステムを提供
    メドレーは、2021年8月20日、NTTドコモと医療機関が新型コロナウイルスの自宅療養者に対し、速やかにビデオ通話を用いたオンライン診療を実施するためのシステムを提供すると発表した。8月20日からシステムについての問い合わせ受付を開始する。

    提供するシステムは、医療機関が自宅療養者の携帯電話番号宛にオンライン診療用のURLをSMS送信し、患者がスマートフォンやタブレット端末で届いたURLをクリックするだけで、オンライン診療を利用できる。自宅療養者の体調変化に対応するため、患者が事前にアプリのダウンロードやアカウント設定、診療予約などは行わず、速やかにオンライン診療を開始できる仕組みを提供する。

    メドレーの株価は2.13%安の3915円で推移している。
  • 2021/04/26 17:06
    【注目銘柄】CLINICSオンライン診療の普及拡大へ、NTTドコモと資本業務提携
    メドレーは、2021年4月26日、NTTドコモと資本業務提携すると発表した。第三者割当でNTTドコモに2.93%を割り当て、約51億円を調達する。

    CLINICSオンライン診療の普及拡大へ、NTTドコモの会員基盤を活用した施策の実施や、全国規模でCLINICSオンライン診療が利用できるよう、顧客医療機関数の拡大を目指す。

    メドレーの株価は55円安の4080円で推移している。
  • 2021/03/17 15:41
    【上方修正】医療人材プラットフォームなどが好調で通期経常利益を0.1~5.5億円から1.8~6.8億円に上方修正
    メドレーは通期経常利益を0.1億円~5.5億円から1.8億円~6.8億円に上方修正した。2021年1月の緊急事態宣言の再発出でも業績は好調に推移。メディパス社の連結子会社化し、2021年4月から12月までの9か月分を新規連結することなどが寄与する見通し。

    メドレーの株価は150円高の4195円で推移している。
  • 2021/02/12 20:04
    【決算】21年12月期経常利益は0.1億円~5.5億円を計画 人材採用や成長投資で変動
    メドレーは、医療の人材不足や地域偏在の課題を解決する人材プラットフォーム事業として「ジョブメドレー」、医療機関の業務効率の改善や患者の医療アクセスの向上を実現するための医療プラットフォーム事業として「CLINICS」「MEDLEY」を展開する。経常利益は2019年は1.78億円、2020年は4.22億円で推移している。

    2021年12月期の経常利益は97.6%減~30.1%増の0.1億円~5.5億円を計画する。組織強化による人材採用で人件費が上振れ又は下振れの可能性があることや今後の中長期的な成長に向けた投資額が外部環境などで変動する可能性があることから、レンジでの計画になっている。
  • 2020/12/17 17:05
    【注目銘柄】パシフィックシステムを子会社化し、病院向け電子カルテ市場に参入
    メドレーは、2020年12月17日、パシフィックシステムを子会社化すると発表した。パシフィックシステム株式の80%を8.23億円で取得する。完了は2021年1月4日を予定する。

    パシフィックシステムは、中小病院向けに電子カルテを提供しており、低コスト・高機能性の双方を実現していることから、過去17年間の利用継続率が98%を誇る。2020年3月期の売上高は6.15億円、経常利益は0.13億円、純利益は0.09億円。

    メドレーは病院向け電子カルテ市場への参入を目的にパシフィックシステムを子会社化。電子カルテのシェア拡大やオンライン診療システムとのシナジーを創出する。

    メドレーの株価は170円高の4680円で推移している。

オシレータ分析

割安

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 13.98 RCI 9日 -96.67
13日 -98.9
ボリンジャーバンド +2σ 4373.19
-2σ 2468.26
ストキャススロー S%D 44.9
%D 7.04
ストキャスファースト %K 4.29
%D 7.04
ボリュームレシオ 14日 37.97
移動平均乖離率 25日 -13.33 サイコロジカル 12日 16.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (12月4日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方