株価予想

4367 広栄化学

2020年11月27日 株価
始値
3,340
高値
3,340
安値
3,245
終値
3,250
出来高
30,200
4367広栄化学のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
3,400
予想安値
3,100

4367 広栄化学の投資戦略

4367 広栄化学の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4367 広栄化学のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4367 広栄化学の関連ニュース

  • 2020/10/05 08:14
    【注目銘柄】トランプ大統領が新型コロナ治療薬として承認されているレムデシビルを服用
    トランプ大統領が新型コロナ治療薬として承認されているレムデシビルを服用したことで、関連銘柄として注目されている。レムデシビルの原料であるピロールは、有機ELや太陽電池向けにも使用され、年産能力は300トン程度とされている。3月から海外のレムデシビル受託製造メーカー向けに生産を開始していたが、米ギリアド・サイエンシズから直接受注し、生産量を拡大してきた。

    アビガン製造用の原材料のビリジンも富士フィルム富山化学へ供給していることから、10月の薬事承認申請、11月厚労省が認可の流れも意識しておきたい。ビリジンは農薬原料でもあり、大量に生産できる。この二つの材料で、5月には4780円まで急伸したものの、その後も原薬の安定供給で業績は安定している。住友化学が55.7%を握る大株主で、親子上場関連の側面もある。
  • 2020/06/30 14:25
    【注目銘柄】レムデシビルの原材料である「ピロール」の生産を千葉工場で開始
    広栄化学工業は、2020年6月30日、「レムデシビル」の骨格を形成する原材料である「ピロール」の生産を開始したと発表した。3月から海外のレムデシビル受託製造メーカー向けに生産を開始していたが、増産体制が整い生産規模を拡大。千葉工場での生産を開始した。

    広栄化学工業の株価は209円高の3050円で推移している。
  • 2020/05/01 08:01
    【注目銘柄】レムデシビルとアビガン原材料の増産強化
    4月30日に新型コロナ感染症治療薬の原薬供給で、生産体制を強化したと発表した。原材料の一つはレムデシビル原材料の「ピロール」で、ギリアド社に供給していることを明らかにした。もう一つはアビガン製造用の原材料の「ビリジン」で富士フィルム富山化学へ供給している。

    レムデシビルが薬事承認されたため、需要拡大への思惑が出ており、アビガンについても5月中の承認を睨んで原材料各社が増産体制を強化している。広栄化学工業は日本で初めてビリジンの製造に成功し、農薬原料として大量に使用されているが、新型コロナ治療薬で注目の薬剤を両方に供給していることがサプライズとなった。
  • 2020/04/30 17:00
    【注目銘柄】「レムデシビル」と「アビガン」の原材料の生産体制を強化
    広栄化学工業は、2020年4月30日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されるレムデシビルとアビガンの原材料である「ピロール」と「ピリジン」の生産体制を強化したと発表した。

    「ピロール」はレムでシリルの骨格を形成する原材料として、「ピリジン」はアビガンの製造過程における原材料として使用されているとしている。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 49.46 RCI 9日 -18.75
13日 55.36
ボリンジャーバンド +2σ 3489.22
-2σ 3055.18
ストキャススロー S%D 60.95
%D 75.39
ストキャスファースト %K 0
%D 75.39
ボリュームレシオ 14日 55.44
移動平均乖離率 25日 -1.3 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方