株価予想

2315 CAICA

2021年5月10日 株価
始値
266
高値
285
安値
262
終値
279
出来高
2,779,700
2315CAICAのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
410
予想安値
150
みんなの予想
上がる
42.9%
下がる
57.1%
平均予想株価
248円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

2315 CAICAの投資戦略

2315 CAICAの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

2315 CAICAの関連ニュース

  • 2021/03/12 16:57
    【決算】21年10月期経常利益は2.04億円を計画 2社のM&Aを想定
    CAICAは、金融業向けを主としたシステム開発や暗号資産に関するシステム開発等のITサービス事業とeワラント証券や暗号資産を原資産としたCFDサービスなどを進める金融サービスを展開する。経常利益は、2017年は7.28億円、2018年は6.12億円、2019年は▲11億円、2020年は▲9.03億円で推移している。

    2021年10月期の経常利益は2.04億円を計画する。ITサービス事業では、ビッグデータやIoT、AI、ブロックチェーンなどを活用したDX推進の動きが加速し、事業環境は好調に推移することを見込む。金融サービスでは、相場動向や市場流動性などマーケット環境の影響を大きく受ける可能性があるとしている。また、M&Aによる事業拡大を図り、売上高10億円規模の企業を1社と、売上高5000万円規模のベンチャー系企業1社の子会社化を想定する。

    11-1月の経常利益は▲1.79億円で、前年同期の▲2.81億円から赤字が縮小した。なお、2月に暗号資産事業を展開するZaifHDを連結子会社化すると発表した。投資額は約37億円。
  • 2021/02/25 17:26
    【注目銘柄】持分法適用会社で暗号資産事業を展開するZaifHDを連結子会社化
    CAICAは、2021年2月25日、持ち分法適用会社の暗号資産事業を展開するZaifHDを連結子会社化すると発表した。投資額は約37億円で、保有割合を23.18%から40.72%に引き上げる。完了は2021年3月15日を予定する。

    Zaifは現在の筆頭株主であるフィスコが経営を主導しており、CAICAも資金面とシステム面で支援を担っているが、Zaifへの影響力が大きくなったCAICAがZaif株式のシェアを引き上げ過半数を確保し、経営を主導する。

    CAICAが持つシステム構築能力やeワラント証券などの金融機能を最大限投入できるなど、Zaifのポテンシャルを最大限生かすことができるとしている。
  • 2020/10/09 15:25
    【下方修正】通期経常利益を▲2.26億円から▲9.54億円に下方修正
    CAICAは通期経常利益を▲2.26億円から▲9.54億円に下方修正した。第4四半期での計上を見込んでいたシステム案件や暗号資産交換所システムのパッケージ販売が新型コロナウイルスの影響で先送りになったことや、eワラント証券でリスク管理強化としてリスク及びリターンが大きい商品販売の抑制を継続していることなどが影響する。

    CAICAの株価は横ばいの21円で推移している。
  • 2020/08/28 08:43
    【注目銘柄】ブロックチェーンを活用したSI事業者向けプラットフォーム開発に着手
    CAICAは、2020年8月27日、ブロックチェーンを使ったSI事業者向けの業務効率化を支援するプラットフォーム開発に着手すると発表した。SI事業者が委託業務を行う際に必要な案件内容、技術内容、発注企業、受注企業などの各種データをブロックチェーン上で管理する。また、与信査定や契約、教育、研修などの手続きを1つのプラットフォーム上に州や宇し、複数のSI事業者によるデータの共同活用を実現するとしている。

    第1弾として、商流階層の違いによる決済期間のギャップを解消し、適切なタイミングでの資金化を実現するファクタリングサービスを提供する。提供開始は2021年1月頃を予定する。

    CAICAの株価は横ばいの21円で推移している。
  • 2020/06/12 20:11
    【下方修正】通期経常利益を1.33億円から▲2.26億円に下方修正 中間期は▲6.18億円
    CAICAは通期経常利益を1.33億円から▲2.26億円に下方修正した。クシムの売却により下期に連結から除外されることや新型コロナウイルスの感染拡大が影響する。

    また、2020年10月期第2四半期(11-4月)の経常利益は▲6.18億円となった(前期は▲4.58億円)。システム開発事業は好調も前年にネクスソリューションズを売却したことから売上高が減少した。

    セグメント別営業利益は、システム開発の情報サービス事業は0.68億円。暗号資産関連システム開発などの暗号資産関連事業は▲1.73億円(前期は▲2.07億円)。eワラントを提供する金融商品取引事業は▲3.21億円(前期は▲1.94億円)となった。

    CAICAの株価は3円高の48円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 31.02 RCI 9日 -77.92
13日 -84.07
ボリンジャーバンド +2σ 662.57
-2σ 268.71
ストキャススロー S%D 28.73
%D 9.33
ストキャスファースト %K 11.25
%D 9.33
ボリュームレシオ 14日 32.61
移動平均乖離率 25日 -28.33 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (5月11日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方