株価予想

7776 セルシード

2020年10月20日 株価
始値
320
高値
320
安値
311
終値
312
出来高
71,300
7776セルシードのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
330
予想安値
300

7776 セルシードの投資戦略

7776 セルシードの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7776 セルシードのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

7776 セルシードの関連ニュース

  • 2020/08/20 12:06
    【注目銘柄】新型コロナなど様々な感染症研究用細胞開発企業に細胞培養器材の供給を開始
    セルシードは、2020年8月20日、新型コロナウイルス感染症をはじめとする様々な感染症や免疫系疾患に対する研究用細胞の開発・販売するマイキャン・テクノロジーズに、細胞培養に用いるための細胞培養器材の供給を開始すると発表した。

    マイキャン・テクノロジーズの新型コロナウイルスに対するワクチン開発におけるADE評価等のための細胞開発は、日本医療研究開発機構(AMED)が公募した「ウイルス等感染症対策技術開発事業」に採択されている。

    セルシードの株価は6円安の355円で推移している。
  • 2020/08/14 18:10
    【決算】中間期経常利益は▲3.41億円(前期は▲3.2億円)
    セルシードの2020年12月期第2四半期(1-6月)の経常利益は▲3.41億円となった(前期は▲3.2億円)。

    セグメント別では、再生医療支援事業の営業利益は▲0.07億円(前期は▲0.2億円)。器材製品のカタログ掲載製品で国内・海外への売上が大幅に増加した一方、新型コロナウイルスの影響で東海大学から受託した自己軟骨細胞シートの製造開始の遅れや台湾のMetaTechから受託予定だった食道上皮シートの製造が中止となった。

    細胞シート再生医療事業の利益は▲1.85億円(前期は▲1.27億円)。食道再生上皮シートではPMDAとの協議が完了し、2020年末までに治験届を提出する予定。製造販売承認時期は2025年を予定するも、治験期間の短縮に向けて検討を重ねるとしている。海外展開では、台湾で2020年1月に合弁会社を設立。食道、軟骨以外のパイプライン事業を実施する予定。

    セルシードの株価は3円安の347円で推移している。
  • 2020/08/12 17:46
    【注目銘柄】東海大学が実施する軟骨再生治療で自己軟骨細胞シートの受託製造を実施
    セルシードは、2020年8月12日、東海大学医学部付属病院が実施する自己細胞シートによる軟骨再生治療で、1症例目の自己軟骨細胞シートの受託製造を実施したと発表した。

    自己軟骨細胞シートは、温度応答性培養機材「UpCell」を用いて培養した軟骨細胞シートを膝関節軟骨表面に移植することで変性で失われた膝軟骨組織を再生する。

    セルシードの株価は横ばいの350円で推移している。
  • 2020/07/16 17:08
    【上方修正】中間期経常利益を▲5.7億円から▲3.41億円に上方修正 コスト削減
    セルシードは中間期経常利益を▲5.7億円から▲3.41億円に上方修正した。研究開発費や製造経費、一般管理費を削減したことから売上計画の未達をカバーした。

    通期は新型コロナウイルスの影響を現時点で合理的に算定できないことから未定としている。

    セルシードの株価は12円安の378円で推移している。
  • 2020/05/14 20:30
    【決算】1-3月期経常利益は▲1.82億円(前期は▲1.54億円)
    セルシードの2020年12月期第1四半期(1-3月)の経常利益は▲1.82億円となった(前期は▲1.54億円)。通期は▲10.2億円を計画している。

    セグメント別では、再生医療支援事業の営業利益は▲0.03億円(前期は▲0.16億円)。再生医療支援事業では、器材製品のカタログ掲載製品で国内代理店、海外への売上が過去最高となった。また、細胞培養センターを活用した再生医療受託事業では、共同研究先の東海大学から自己軟骨細胞シートの製造を受託し、第2四半期以降の売上実現に向け製造の準備を開始した。

    細胞シート再生医療事業の営業利益は▲1.01億円(前期は▲0.5億円)。食道再生上皮シートでは追加治験に向けPMDAと協議中で、製造販売承認時期はPMDAとの協議が終わり次第お知らせするとしている。海外展開では、台湾で2020年1月に合弁会社を設立。食道、軟骨以外のパイプライン事業を実施する予定。

    新型コロナウイルスの影響では、業績への影響が想定されるが、その影響額を合理的に算定するのが困難なため、業績予想を据え置いているとしている。

    セルシードの株価は16円安の340円で推移している。
  • 2019/11/20 17:12
    【注目銘柄】軟骨再生シート 米国で特許許可通知書が発行
    セルシードは、2019年11月20日、軟骨再生シートがアメリカで特許許可通知書が発行されたと発表した。これにより、日米欧で知的財産面で保護されることになる。

    軟骨再生シートは東海大学が申請していた先進医療Bとしての治療が2019年1月に承認された。先進医療が開始した際には、セルシードは細胞シートの受託製造を有償で実施する。
    セルシードの株価は7円安の503円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 12.12 RCI 9日 -90
13日 -89.42
ボリンジャーバンド +2σ 365.08
-2σ 319.48
ストキャススロー S%D 11.54
%D 4.49
ストキャスファースト %K 0
%D 4.49
ボリュームレシオ 14日 29.26
移動平均乖離率 25日 -7.88 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方