株テーマ:電気自動車(EV) 日産「リーフ」の関連銘柄

2009年8月2日、日産自動車はEV専用車「リーフ」を発表。ルノー・日産アライアンス合計では、2010年12月の日産「リーフ」発売以来、2017年2月で電気自動車(EV)の世界累計販売台数が約42万5000台に到達している。うち「リーフ」は25万台以上。5人乗りで航続距離は160キロ。電池を除いた車両価格は旧来のガソリン車並みとしている。北米日産は2017年9月6日に新型リーフを公開すると発表した。2017年上期の米EV市場では、テスラの「モデルS」と「モデルX」が45%と圧倒的で、シボレー「ボルト」が16%、日産「リーフ」が15%となっている。新型リーフを発表した。2017年10月2日に発売する。航続距離は400キロメートルで、高速道路単一車線での自動運転技術「プロパイロット」とパーキングのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」を搭載した。「イーペダル」はアクセルペダルの操作だけで発進、加速、減速、停止までをコントロールする。バッテリーは40キロワットのリチウムイオン電池にパワーアップしているが、来年にはさらに容量を高めたモデルを発売する。

80%までの急速充電にかかる時間は40分で、普通充電では8−16時間を要する。価格は315万から399万円と設定した。初代リーフを2010年12月に発売し、累計販売台数は28万台を超えているが、米テスラは来年度に50万台の生産を予定している。装備が充実しており、コストパフォーマンスも高いと見られるが、EVの覇者と決めつけるのは早計のようだ。

郵便事業会社が、全車両を電気自動車に切り替えることで、脚光を浴び、電力会社が2020年までに1万台を導入する。コンビニでも導入が進むとも見られ、先行する三菱自動車は「アイミーブ」の生産能力を2011年度までに、当初予定の2倍の2万台に引き上げる。仏プジョーグループへも年間1万台供給する予定。富士重工、日産自動車が追撃態勢に入った。

EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、HV(ハイブリッド車) 英仏政府が2040年までに内燃機関の車の販売禁止を掲げ、ドイツも禁止を示唆し、EV普及に拍車がかかる。独フォルクスワーゲン(VW)がフランクフルト国際自動車ショーに先立ち、2025年までに電気自動車(EV)を50車種投入、2030年までに200億ユーロ(約2兆6000億円)を投資すると発表した。これまではアウディやポルシェを含め25年までに25種のEV・PHVを投入するとしていたが、今回はEVが50車種、PHVが30車種と拡大する。中国もガソリン車・ディーゼル車の生産・販売禁止を検討。

日産「リーフ」 関連銘柄

日産「リーフ」 関連テーマ

電気自動車(EV)
コンバーター インホイルモーター インバーター 急速充電器 急速充電器インフラ推進協議会 GM 超小型電気自動車(EV) テスラ 電気自動車充電設備 電動二輪車 トヨタEV 日産「リーフ」 富士重工「プラグイン・ステラ」 マグネット 三菱iMiEV(アイミーブ) EV駆動用モーター ワイヤレス給電

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方