国内経済指標

鉱工業生産指数

2018年12月 104.7 2019年1月 101.1
2019年2月 102.8 2019年3月 102.2
2019年4月 102.8 2019年5月 105.2
2019年6月 101.1 2019年7月 102.7
2019年8月 101.5 2019年9月 103.2
2019年10月 98.9    

11月29日 鉱工業生産指数とは=鉱工業指数(鉱工業生産・出荷・在庫指数、稼働率・生産能力指数、製造工業生産予測指数) 鉱工業製品を生産する国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る諸活動、製造工業の設備の稼働状況、各種設備の生産能力の動向、生産の先行き2か月の予測の把握を行うもので、経済産業省が月半ばに速報値(8時50分)、月末に確報値(13時30分)を発表する。


景気ウォッチャー指数(現状判断DI)

2018年12月 46.8 2019年1月 45.6
2019年2月 47.5 2019年3月 44.8
2019年4月 45.3 2019年5月 44.1
2019年6月 44 2019年7月 41.2
2019年8月 39.7 2019年9月 36.9
2019年10月 36.7 2019年11月 39.4

12月9日 景気ウオッチャー調査=街角景気指数とも呼ばれる。地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々の協力を得て、地域ごとの景気動向を的確かつ迅速に把握し、景気動向判断の基礎資料とする。家計動向、企業動向、雇用等の動向を敏感に反映する現象を観察できる業種の適当な職種の中から選定した2050人を調査客体とし、内閣府が毎月6営業日目の14時に


景気ウォッチャー指数(先行判断DI)

2018年12月 47.9 2019年1月 49.4
2019年2月 48.9 2019年3月 48.6
2019年4月 48.4 2019年5月 45.6
2019年6月 45.8 2019年7月 44.3
2019年8月 42.8 2019年9月 46.7
2019年10月 43.7 2019年11月 45.7

12月9日 景気ウオッチャー調査=景気の現状に対する方向性を示す現状判断DIと、景気の先行きに対する方向性を示す先行判断DIが重要。設問は、良い、やや良い、どちらともいえない、やや悪い、悪いの5択方式。判断理由には来客数、販売量、お客様の様子など、体感的な項目も含まれ1


機械受注(除:船舶電力)(前月比)

2018年12月 -0.1 2019年1月 -5.4
2019年2月 1.8 2019年3月 3.8
2019年4月 5.2 2019年5月 -7.8
2019年6月 13.9 2019年7月 -6.6
2019年8月 -2.4 2019年9月 -2.9

11月11日 機械受注統計調査=内閣府が機械製造業者(280社、カバレッジ80%)の受注する設備用機械類の受注状況を調査し、設備投資動向を早期に把握することを目的とする。原動機、重電機、電子・通信機械、産業機械、工作機械、鉄道車両、道路車両、航空機、船舶を大分類としており、民需(船舶及び電力を除く)は将来の景気見通しとして注目度が高い。調査時点は毎月末日、見通し調査は毎四半期末に行われる


景気動向指数(先行指数)

2018年12月 97.5 2019年1月 95.9
2019年2月 97.1 2019年3月 95.9
2019年4月 95.5 2019年5月 94.9
2019年6月 93.3 2019年7月 93.6
2019年8月 91.9 2019年9月 91.9
2019年10月 91.8    

12月6日 速報値と改定値 景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、 景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標


景気動向指数(一致指数)

2018年12月 101.8 2019年1月 97.8
2019年2月 100.4 2019年3月 99.4
2019年4月 101.9 2019年5月 103.4
2019年6月 100.4 2019年7月 99.8
2019年8月 99 2019年9月 101.1
2019年10月 94.8    

12月6日 速報値と改定値  景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、 景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標


消費者態度指数(一般世帯)

2018年12月 42.7 2019年1月 41.9
2019年2月 41.5 2019年3月 40.5
2019年4月 40.4 2019年5月 39.4
2019年6月 38.7 2019年7月 37.8
2019年8月 37.1 2019年9月 35.6
2019年10月 36.2 2019年11月 38.7

11月29日 「消費動向調査」は、消費者の暮らし向きに関する考え方の変化などをとらえ、景気動向の把握や経済政策の企画・立案の基礎資


消費者物価指数(総合指数)

2018年12月 0.7 2019年1月 0.8
2019年2月 0.7 2019年3月 0.8
2019年4月 0.9 2019年5月 0.8
2019年6月 0.6 2019年7月 0.6
2019年8月 0.5 2019年9月 0.3
2019年10月 0.4    

11月22日 生鮮食品を除く総合指数で前年同月


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方